月別アーカイブ: 2019年3月

トランポリンはおっぱい体操


20代30代は仕事が大変だったこともあり、肩こり首こりが相当ひどい状態でした。
首肩腰、背中やデコルテも凝りでガチガチなのですからおっぱいが柔らかいはずもありません。
もはや凝りの様におっぱいもガチガチでした。

                                                                                                                                      

20歳頃に通勤ラッシュで人から押されると胸が痛くて痛くて耐えられないことがありました。
どの病院に行けばいいのか分からず母に相談して産婦人科に行きました。

                                                                                                                                      

                                                                                                                                      

「恐らく何ともないと思うけど」

                                                                                                                                      

                                                                                                                                      

と言いながらも大学病院を紹介してくれました。
大学病院が初めてだったので、数時間待たされて診療時間が数分ということに驚き、忙しいのなら質問などしては迷惑だろうと遠慮をしてしまい、「乳腺がむくんでいる」と言われただけでそれがどうしてなのか、それがどういうことなのか分からずじまいで薬もなく自然に痛みは引いて行きました。
                                                                                                                                      

しかし20歳そこそこでのマンモグラフィーは激痛でした。
それから10年以上経って知ったのですが、若ければ若いほどマンモグラフィーは痛いそうです。あまりの痛さに失神する人もいるとか。
                                                                                                                                      

30代半ばでマンモグラフィーを受けた時はあまりの楽さに機械の技術の進歩だと思っていました。
周りに言っても「今でも痛いよ」と言う人が多いですが、20代だったらもっと痛いんだってば!と思ってしまいます。
                                                                                                                                      

何で年齢が上がるほど痛くないんだろうと思っていたら、年齢が上がるとおっぱいの脂肪が増えて弾力性や柔軟性が低下して柔らかくなるそうです。
そういえば男友達が多い女性の友人が
                                                                                                                                      

                                                                                                                                      
「付き合うなら50代女性に限るって言ってる男友達がいるよ。若い子にはないふわふわ柔らかおっぱいで、一度出会ってしまうと後戻りできないらしい。だから年代ごとの良さがあるから私たちもまだまだイケるね!」
                                                                                                                                      

                                                                                                                                      

確かに最近自分のおっぱいがふわふわになってきました。
20代から30代半ばまでガチガチおっぱいに悩んで乳がんがあっても自分では見つけられないなと気にしていました。
                                                                                                                                      

1度目の転機が30代後半頃にテレビで見たおっぱい体操。
真似してみると少し柔らかくなって、体調とのタイミングがあるのか上手く行く時とそうでない時とありましたが私の中では体が楽になるという救世主でした。
                                                                                                                                      

2度目の転機はトランポリンです。
トランポリンでリンパの流れが良くなると言われていて、首肩など体の凝りからかなり解放されて、それと同時におっぱいも今までにない柔らかさになりました。
                                                                                                                                      

トランポリンさえ飛んでいればもうおっぱい体操はいらないかなぁ~なんて浮かれています。
トランポリンのおかげもあると思いますが、加齢が進んでいるだけという可能性もあるのでトランポリンを飛んでさえいればおっぱいふわふわだよーーんと叫ぶことはできないのが辛いところですが。。
                                                                                                                                      

年齢が上がるにつれ、自分の苦手なことなどを把握出来てきて生きるのが楽になる部分もあります。
私はとにかく冷えで体調を崩すタイプだと気づいてから、会社で湯たんぽを使ったりの工夫の積み重ねで風邪ってこんなに引かなくなるものなの?と今更驚いています。
歳を取ると弱くなる一方だと思っていましたが、自分の攻略本は自分でしか作れないことに気づき、自分に合う健康法を探して試すことが趣味となっています。
                                                                                                                                      

健康あってこその美容だと思っているので、エステに通っていることを無駄にしない為にも、身内に迷惑をかけない為にも自分の力と世の中の便利で自分に合う物を探して健康寿命を延ばしていきたいです。
病気になってから慌てるよりも、できる準備を今からしていきたいです。

                                                                                                                                      

それでも病気になる日が来るかもしれません。
こんな私の生き方がサンプルになるのもいいのではないかと思いながら続けて行きたいです。
                                                                                                                                      

おっぱいはふわふわだけでなく、型崩れ防止もとっても大切です。
▼てんちむさんプロデュースのナイトブラの公式サイトはこちらです▼
モテフィット~ふっくらバストメイクブラ~

                                                                                                                                      

もったいないおばけ


「私は死んだらもったいないおばけになると思う」
                                                                                                                                      
と常日頃から思っているし言葉にもしています。
職場の人から
                                                                                                                                      

                                                                                                                                      

「今の世の中、物を無駄にしている人が多いからもったいないおばけになってからが大忙しね」
                                                                                                                                      

                                                                                                                                      
確かにそんな気がする。。
そう思いながらも、日本の中ではもったいないという思いが大きい方だと思いますが、地球規模で見たらまだまだ贅沢だし甘いと分かっているつもりではあります。
とはいえもったいないおばけになりたいのではなく、自分の思うがままに生きていると
「貧乏臭い」だの「私も見習って節約する」だの「そういう生活をしてるとお金が貯まりそう」などと言われます。

                                                                                                                                      

貧乏臭いという言葉に反論はできませんが…節約とはちょっと違うかな。
今は契約社員ですが、少し前までいつ切られるか分からない派遣社員で、その前はアルバイトを掛け持ちして必死で生き延びて来ただけです。
それを苦に思わないのは生まれ持った性質と私の生き様なのでしょうか。

                                                                                                                                      

世の中生きづらい、本当の自分を親しくない人の前では出さない様にしようと思ってきましたが、年齢が上がるほど受け入れられて来て生きているのが楽しくなってきました。
まぁ、ただ自分が周りを気にしなくなっただけかもしれませんが(^◇^;)
誰に何を言われても、その人は私の人生の責任を取ってはくれないし大した意味もなく言っていることが多いので、私は自分の信じた道を突き進むのだ!と思える様になりました(大げさ)

先日は読み終わった本の寄付に行ってきました。

↓その時の様子はアメブロに書いてます。

本の寄付に行ってきました

                                                                                                                                      

貧乏臭いだけの様に見えるだけの私かもしれませんが、これでも健康には気を使っていて、調味料は良い物を使うなど使うところには使うという贅沢するところにメリハリを付けています。
でも洋服は古着ばかり着ています。
服から悪い成分が体に染み込むこともないし、黙っていれば古着だなんて分かりませんしね。

                                                                                                                                      
着た服は古着で買っても綺麗な状態のままの物が多いので、また売ったりしていましたが、最近は寄付ができるボックスを見つけたので今度まとめて持っていこうと思います。

                                                                                                                                      

東京の池袋で見つけたのですが、ここは売れた服の売り上げがパラスポーツの活動に寄付される様です。
直接お金を出さなくてもボランティアになることが嬉しいので、1つ1つは小さすぎるかもしれませんが、積み重ねて行きたいです。
                                                                                                                                      

メルカリで売ることもあるし、本など売る物がたくさんある方は買取りに来てもらうのもアリだと思います。
自分の生活に合わせてメリハリを付けて上手に生活していきたいです。
                                                                                                                                      

▼ブックオフの買取りの公式サイトはこちらから▼
【ブックオフ】公式宅配買取サービス【送料・手数料無料!】

本だけでなく、漫画やCDやDVDやゲームソフト、スマホ、カメラなども査定してくれるそうです。

                                                                                                                                      

自分で売りたい人にはメルカリも。
昔から某オークションサイトで相当数取引をしてきましたが、メルカリを始めたら簡単で驚きました。
出品して10分以内で売れた経験も何度かあります。