カットモデルに行ってみて思うこと


カットモデルとしてたくさんの新人美容師さんに切ってもらっていますが、有料の時よりも気に入る髪型になることが多いのが不思議です。
自分でお金を払う時に行くお店よりも高級なお店に行けるからでしょうか?
1度有料で通っていたお店でとても上手な美容師さんに出会えて、気に行ってずっと通っていたのにヘアメイクアーティストになると言って辞めてしまって以来十数年間気に入った美容師さんには会えずじまい。

                                                                                                                                                                                                                                                    

美容室もありすぎて分からないから1000円カットみたいなお店にも長年行ったりもしていました。
実際は1500円くらいだったと思いますが、行く度にスタッフさんが違って当たり外れがとても大きくて、一番ひどいときはウトウトしていてハッと気が付いたら空中でハサミをチャンチャンやってちっとも髪の毛を切っていないことがあったんです!
切るフリなんて初めて。何のため????
ちっとも切ってもらってなかったので、終わりと言われた時に

                                                                                                                                                                                                                                                    

「ちっとも髪の量が減っていないのでもっと切って下さい」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と言ったら「えっ!!」ととても驚かれました。
驚く意味も全く分かりませんが、いつも空気を切ってお金もらってるの??と驚いたあの美容師さんも人からお金を取れる立場なんだと振り返ると不思議で不思議で仕方がない美容師さんは世の中にたくさんいますよね。

                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                    

ヘアサロン【ホットペッパービューティ】

                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                    

上記で書いたヘアメイクアーティストになった美容師さんがいなくなった後も同じお店を利用していましたが、まるで練習台にされただけということもありました。
髪の量を減らしてと言ったのに毛先を揃えただけでした。
切っているところをきちんと見ていなかった私にも落ち度はありますが、こんなに時間がかかったんだからいつの間にか切ったのかな?と思ったらやはり気のせいでビックリ。
こっちがお金払うの?と何度か思ったこともありました。
私のクセ毛も扱いづらいのかもしれませんが、扱いづらいから気に入らない髪型にされても我慢するなんて嫌だと思っていたので思い切ってカットモデルにして良かったです。

                                                                                                                                                                                                                                                    
新人美容師さんにベテラン美容師さんが説明をしているのを聞くのも好きで、自分のタイプを知る良い機会と思って色々話を聞いています。
一番興味深かったのは、人の首の後ろなんて考えたこともなかったのですが、私の頭の後ろから首にかけて触ってみると、頭と首の境目が引っ込んでいるんです。
首にクビレがあるという表現がいいのでしょうか。
首の後ろが引っ込んでいるから、そうでない人と同じ切り方をすると後ろの毛がハネてしまうという説明を一緒に聞いてそんな個人差があるのだと知りました。
確かに、寝ている時に枕に押されて朝起きるとハネていたことが今まで何度もあったので、その時はハズレの美容師さんだったんだなと今となっては思います。

                                                                                                                                                                                                                                                    

もうそうなったら他人の首の後ろを触りたくて仕方がなく、その直後に妹に会ったので「触らせて!」と首の後ろを触らせてもらうと私とほぼ同じ形。
個人差なんて大してないのでは?もしくは私たち似ているのか??と思いました。
その後、職場の先輩に触られてもらえないか頼んで触ってみると、ほぼ頭と首に大きなくぼみはなくてなだらかなカーブと思いました。
「ねぇ、私が太ってるって言いたいの?」と突っ込まれて「体型にもよるのかしら?(←先輩なのにフォローなし?(^_^;))」と疑問に思いましたが個人差みたいですね。
今まで後ろ毛がハネやすいと思っていたのは美容師さんの腕もあったんじゃん!苦労してきたよ!と思いました。

                                                                                                                                                                                                                                                    
それを知ったところで今後カットしてもらう時に美容師さんに指示を出すわけにもいかないですけれど、カットモデルを募集する美容室は本当にお勉強をたくさんしている人が多いのかなと思えてありがたくこれからも利用させてもらおうと思いました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください