月別アーカイブ: 2019年10月

ジモティーあれこれ 冷蔵庫編

送料がかかる品物や、無料でもらってくれる人を探したい時はジモティーを利用しています。
無料であげますと言うと特に連絡してきておいて連絡が取れなくなったりする人が多くてオークションやフリマアプリよりも悪い人が多くいる気がします。

                                                                                                                                                                                                                                                    

なので自宅の最寄駅の交番が見える所で待ち合わせる様にしていますが、冷蔵庫はやむを得ず自宅まで取りに来てもらいました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

車で取りに来た人で、絶対に1人では運べないので2人以上で来てくださいと伝えたのに予定よりも30分も早く到着した上に

                                                                                                                                                                                                                                                    

「手伝い誰もいなくてさ。しっかし、こんな小さい部屋によくこんな大きい冷蔵庫入ったなぁ!!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と大きい声で叫ばれてびっくり!
しかも朝8時前なのでご近所迷惑!!
そして手伝いが誰もいないという訳で、私が運ぶ手伝いをする羽目に。

                                                                                                                                                                                                                                                    

PR


                                                                                                                                                                                                                                                    

まだ使える冷蔵庫だったので使ってもらえるのはありがたいですが、無料であげたのだからもっと謙虚な態度で私に接することできませんこと?と言いたかった。
家がそこそこ遠い人だったのが唯一の救いです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

冷蔵庫を取りに家の中まで入って欲しくなかったので玄関まで運んだはいいのですが、早めに運びすぎて玄関に置いた冷蔵庫と廊下の隙間が手のひらサイズ。。
お風呂場のドアも半分くらい塞がれて、お風呂に入る時に裸の体が冷蔵庫に接すると冷たいのが一番辛かったです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

手のひらサイズの幅は20センチほどでしょうか。
よくもまぁ毎日通っていたなと思います。
私が痩せているというよりも、出るところが出ていないからなのでしょうけど。

                                                                                                                                                                                                                                                    

ローランド様の俺か俺以外か

カリスマホストのローランドさんの書籍「俺か俺以外か」を図書館で借りて読みました。
収益は寄付になるとのことで購入するか悩んだのですが、家が狭いので申し訳ないですが借りました。
その分という訳ではありませんが、台風被害の方にわずかながら寄付させてもらいました。
この本がなくてもすべきですが。

                                                                                                                                                                                                                                                    

普段本を読まない人でも読みやすくて、ローランドさんの魅力がより良く分かる、子供たちにも読んで欲しい学級図書にも良いと思える本です。
良いと思える本はすぐに学級図書にして子供に読んでほしいなぁと思ってしまいますが、ローランドさんの本の良い所は生きてきて色々悔しい思いや辛い思い、このままじゃ自分の人生終われない!と思っている人の方が向いているのかも。
やっぱり大人になってから読んだ方がいいのかな。

                                                                                                                                                                                                                                                    

内容の良さだけでなく、可愛らしくて愛情に満ち溢れたローランドさんのことも分かるし、私自身も自分の生き方を見つめられてスッキリしました。
自分のことが大好きなローランドさん。
読んでみて私も自分のことが大好きだと気づきました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

普段から貧乏臭いと言われる私ですが、物を無駄にする自分が嫌いなので人に何を言われても自分が好きな自分でいたいので無駄にはできずに貫いているのだと明確に自覚することができました。
ローランドさんに比べて生き様はショボいですが、私には私の信念があるのです。
自信を持ってやっていこうと思えます。

                                                                                                                                                                                                                                                    

ペットだけでなく、私の手元に来た物には責任を持つのが当然で、壊れたものでも直せる人がいるのでジモティーで無料で引き取ってもらったりしているのですが、

                                                                                                                                                                                                                                                    

「そんなことするの面倒だから私だったら捨てる」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と言う人が多くて嘆かわしい。。
ジモティーのことはまた別に書きますが、とにかく勿体ないことが嫌いで前世がもったいないオバケなのか死んだらもったいないオバケになるのかどっちかだろうと思っています。
【買い主の責任】
と思ってこれからも生きていきます。

                                                                                                                                                                                                                                                    

でも世界レベルで見たら私なんてまだまだ贅沢な人間であることも分かっているので、中途半端な人間という自覚が少し自分を苦しめてもいます。

                                                                                                                                                                                                                                                    

あ、ローランドさんの本はこんな私のミクロレベルの話ではないのです。
どうしてカンボジアを選んでボランティアで支援しているかも知らなかったので理由も分かったし、ご家族の愛情に恵まれていただけでなく、きちんと人の話に耳を傾けて生きてきたから(受け止めるも受け止めないも含めて)今の彼がいるのだと思いました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

世の中を動かせる、人の考えを良い方向に導ける素晴らしい人物。
世の中が変わった変わったと言われていますが、素晴らしい人間はどんどん誕生しているのだと感謝の気持が沸きます。
この世に生まれてきてくれてありがとうと思える人物です。
その時はナゼかおばあちゃんの様な気持ちです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

とにかく内容を私が伝えられる様な本ではなく、生き方に迷った時に何度読み返しても良い本だと思います。
心が辛い時にも良いです。
辛い時にテンション高くて元気いっぱいの本は読めませんが、落ち着いていて且つお茶目で読みやすいローランドさんの本なので、次は何読もうかなと軽く読む本を探している人にももちろんオススメです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                    

冷凍保存祭り

休日の時間のある日に食材を刻んで刻んで刻みまくって冷凍保存しています。
仕事から帰ってきた時に、玉ねぎの皮をむいて切るなんて面倒だと思うことが多いので、刻んでおくと楽々です。

                                                                                                                                                                                                                                                    


だいたいいつもあるのは玉ねぎ。


そしてきのこ類。

                                                                                                                                                                                                                                                    

1つ問題点があるとすれば、休日に刻める日が結構あって(ヒマ人ですな(^_^;))刻みすぎて冷凍庫がギューギューでいつもぎっしりで使いたい野菜を探し出すのが大変です。
ついつい安い野菜やきのこ類を見つけると後先考えずに買ってしまうので冷凍庫行きになってしまいます。

                                                                                                                                                                                                                                                    

きのこは冷凍した方が栄養が凝縮するみたいなので、しめじ、シイタケ、エリンギ、えのきを入れているのですが、冷凍しているのにえのきは色が変わりやすいので早めの使用が大事です。

                                                                                                                                                                                                                                                    

刻んでビニール袋に入れてジップロック袋に入れて冷凍するのですが、冷凍庫に入れてそのまま放置してはいけません。
冷凍庫に入れてから凍るまでに何度か出してほぐすと使う時にくっついていなくて便利です。
玉ねぎは結構なガッチリの塊になってしまうし、切った端が尖ってビニールを突き破ったりするので凍った状態で叩きながらほぐそうとするとビニールが破れて撒き散らかってイライラします。
凍らせつつほぐしつつが一番良いので上手に凍らせて栄養たくさん摂りましょう\(^o^)/

                                                                                                                                                                                                                                                    

我が家のタービーちゃん


じゅうたんタービーってご存知ですか?
コードレス掃除機の仲間だと私は思いますが、最新の掃除道具では決してありません。
コンセントがなくても使えるので、写真のように広いオフィスで使用するのにも適しています。

                                                                                                                                                                                                                                                    

家に絨毯部分が2畳分くらいしかなくてコロコロを使うことが多く、ずっと古い掃除機があったのですが、月に1回ほどしか使わないので掃除機の中の紙パックにゴミがなかなか溜まらず交換する機会が1年に1回もないのが気がかりでした。

                                                                                                                                                                                                                                                    

しかも長いことゴミを放置していたからか、紙パックに虫が湧いていたことがあって余計に掃除機に触りたくなくなりました。
紙パックを装着する時に、アルコールスプレーを吹きかけたら大丈夫でしたが、たまたま偶然だったかもしれないし。。。

                                                                                                                                                                                                                                                    

ヒヤヒヤしながら自宅に掃除機を置いていたのですが、友人の引っ越しの荷物をまとめる手伝いをしに行った時に

                                                                                                                                                                                                                                                    

「掃除機は捨てることにした。次の家はほぼフローリングだし」

                                                                                                                                                                                                                                                    

そっか、一家に一台掃除機はなくてはならない物だと思いこんでいました。
私の人生なんだから自由じゃん。
私も捨てようっと。
20年ほどお世話になったのでお礼を言って粗大ごみでお願いしました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

よくあるタイプの紙パックのサイズが合わなくて、自分で合わせて毎回切っていたのもよくやってたなぁと思います。
捨ててみたらスッキリ。
特に困ったこともありません。

                                                                                                                                                                                                                                                    

そこでタービーちゃんの出番です。
掃除機を処分したからタービーが家に来たのではなく、人から使わなくなったからと譲り受けて家に置いてあったものです。

                                                                                                                                                                                                                                                    


部屋の隅を掃除できないのが難点ですが、電源いらずでゴミもかなり取れます。
そして立てかける時に薄くなるので場所を取らないのがありがたいです。
これがものすごく良いポイント!

                                                                                                                                                                                                                                                    

人からもらった時に、長い棒を途中でばらして持ち運べることに気が付かず、カートに入れて棒を出した状態で電車に乗っていたら、おじいさんが手すりと間違えてつかまったのでビックリです!

                                                                                                                                                                                                                                                    

だってだって、高さだって1メートル程度ですし、そもそも電車が空いていたから私は座っていて空席があるのにどうして私の目の前に来て棒につかまったの?!
電車の手すりとは色も違うし、わわわざと??
電車が揺れて棒につかまっても棒は一緒に倒れるから離してほしい。。
わざとグラグラ揺らして気づいてもらいましたが、手すりじゃないですよって言えば良かった。
つかまられた時にビックリして動揺しちゃった。

                                                                                                                                                                                                                                                    

と、いうわけで、移動もラクラク保管もラクラクタービーちゃんは我が家の戦力選手です。

                                                                                                                                                                                                                                                    

あなたのおうちにもタービーちゃんいかがでしょうか?

                                                                                                                                                                                                                                                    

ガサツ料理〜麻婆豆腐〜

〜※あくまで、昔料理が苦手で泣きながら作っていた私の様な人が泣くくらいなら手を抜けという料理が出来る人には何にも役に立たないレシピです。
しかも自炊歴20年以上で未だにこの腕前、通常の私の料理風景です。〜

                                                                                                                                                                                                                                                    


さて今日はマーボー豆腐です。
豆腐をさいの目に切ってからフライパンに入れたい所ですが、どうせキレイに切れないし手のひらの上で切っても落とすからマーボー豆腐の素をフライパンに入れたら火を付ける前に豆腐も1丁入れてしまいます。
フライパンを熱する前に豆腐を入れれば、熱くて怖くて豆腐を早めに離してタレがはねるのも防止できます。

                                                                                                                                                                                                                                                    


火を付けてお玉で自分の食べたい大きさに切りながら熱していきます。
豆腐を切るのが遅くてもそんなにすぐ火が通る訳ではないのでのんびりどうぞ。
ただ、タレからはみ出している豆腐が温まらないので、なるべく切った豆腐は倒して火が通る様に気をつけましょう。

                                                                                                                                                                                                                                                    

なんかグチャグチャにも見えますが、ベテランの切り方風にも感じます(私には感じます)
マーボー豆腐便利!重宝します!

                                                                                                                                                                                                                                                    

▼くじけたあなたは金にモノを言わせてプロに習ってくれ▼
一流料理人があなたの劇的な料理上達にコミット!【RIZAP COOK】

                                                                                                                                                                                                                                                    

ガサツ料理〜オムライスの卵〜

卵は品質が悪くなっていないかのチェックを兼ねて、1個1個ボウルに割って入れて確認してから使うのが正しい使い方の様です。

                                                                                                                                                                                                                                                    

オムライスの卵を作るなら、ボウルに卵を割って入れて菜箸でかき混ぜて火を付けて油を敷いたフライパンに流し入れます。

                                                                                                                                                                                                                                                    

しかし、使ったボウル誰が洗うのよ。
と思うわけです。
料理が全くできなかった頃は料理本の言いなりで黙ってボウルに割り入れていましたが、ある程度料理ができる様になってくると自己流になっていきます。
良い方の自己流になればいいのでしょうが、私はどうやらそうではないらしい。

                                                                                                                                                                                                                                                    

まず卵を割り入れます。
直接熱して油を入れたフライパンに割り入れちゃいましょう。
そのフライパンの中で菜箸でエイっエイっと卵を崩します。

卵が白と黄色に分かれたままでも気にしない。

まんべんなく卵を拡げてフタをすればくっつきます。
さぁさぁケチャップご飯に乗せてできあがり。簡単。


卵料理はあまり得意ではないけど、オムライスは好きなのでよく作ります。
それでもそれほど上達していないので、きっと永遠に私のオムライスはこんな感じなのでしょう。

                                                                                                                                                                                                                                                    
▼くじけたあなたは金にモノを言わせてプロに習ってくれ▼
一流料理人があなたの劇的な料理上達にコミット!【RIZAP COOK】
                                                                                                                                                                                                                                                    

私の便利タイマー

子供の頃、母が朝起きた時にご飯が炊けているようにといつもタイマーをかけていました。
自宅の炊飯器にタイマー機能があるのではなく、炊飯器とコンセントの間にタイマーをセットしていたので私には馴染みのある商品でした。

                                                                                                                                                                                                                                                    

よく携帯電話を充電しっぱなしにすると良くないというので、寝る時に充電するならば私はタイマーで充電しています。

                                                                                                                                                                                                                                                    

他のみんなはどうしているんだろうと思って何人かに尋ねてみましたが、

                                                                                                                                                                                                                                                    

「あんまり気にしていないから充電しっぱなしで朝を迎える」

                                                                                                                                                                                                                                                    

そうなの??気になってそんなことできないわ。
でもまぁ無理強いしても仕方がないので、あまり人には話さず家で私だけの生活としてタイマーは毎日の様に使っています。

                                                                                                                                                                                                                                                    


オフタイマーだけでなく、オンタイマーもできるので、私はオフタイマーをセットしてスマホを充電しながら寝ます。
子供の頃、母はオンタイマーで炊飯器のスイッチが入る様にしていました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

もうタイマー生活が日常なのですが、近場に旅行に行った時にタイマーを持参したのですが、帰ってくる日と職場で最後の勤務日になる人の日にちがかぶってしまったので旅行帰りに荷物を持って会社に行きました。
こっそり花束を買いに行ったりバタバタしていてスマホの充電がなかったのでタイマーをセットして職場で充電をして出掛けました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

会社に残っていた人数人が、私のタイマーを見てザワついていたらしいです。
「何コレ?何コレ??」
と。見たことない人多いんだ。。

                                                                                                                                                                                                                                                    

説明すると、「へぇ〜」と返事するだけの人がほとんどでしたが、犬を飼っている人が真冬の夕方からホットカーペットを付けたいけど、犬に電源入れてと言っても伝わらないから朝から付けていたけどこれさえあれば!!と大喜び。

                                                                                                                                                                                                                                                    

そっかぁ、スマホの充電時間の話としてしか人にタイマーの話をしていなかったのでこんな所に必要としてくれる人が。。

                                                                                                                                                                                                                                                    

▼超便利!コンセントタイマー▼
コンセント タイマー 消し忘れ防止 1回だけ「入 切」タイマーCT12 【11時間形】 [節電 扇風機 サーキュレーター 殺虫機 アクアタイマー スイッチ 電源 防犯グッズ プログラム看板 電気 充電器 便座 照明 空気清浄機 夏]

                                                                                                                                                                                                                                                    

新しいエアコンを長持ちさせたい


かなり古いエアコンを使用していたのですが、強い風で冷房を付けると送風口から水が吹き出してくるので管理会社に言ってみたら新しいエアコンを設置してくれました!

                                                                                                                                                                                                                                                    

エオリアというエアコンにしてくれたのですが、調べてみたらそれほどお高いものではないのでしょうが、今まで20年前のエアコンを使用していたので変なニオイも出てこず天国〜。

                                                                                                                                                                                                                                                    

やっと自分の快適な温度設定が分かって来た頃なのですが、夏が終わってしまったので来年には忘れてそうです。
今まで暖房は電気代が怖くて使わずに来たのですが、夜遅くに帰宅する真冬に寒すぎて眠れないことが結構あったので、今度は使ってみようと思います。

                                                                                                                                                                                                                                                    

テレビの真上にエアコンが設置されていて、音が結構大きいのでテレビを大きくしないと聞こえないこともありますが、電気代が今までよりも安くなったのが嬉しすぎてそんなことは気にしない!

                                                                                                                                                                                                                                                    

古いエアコンの時は、自分で数時間かけて掃除をしたりして少しでも清潔に使おうと気を遣っていました。
お客さんが来た時に部屋が臭いと思われたくないし。
それで色んなニオイ消しを試しすぎて、色んなニオイが混ざってエアコンの汚れたニオイとは何か別なニオイがしていたのも悩みでした。

                                                                                                                                                                                                                                                    

エアコンの汚れを遅らせる方法として色々調べていると、部屋の空気を吸って冷やして排出するので食べ物のニオイもエアコンが吸ってしまうとのことでした。
エアコンの目の前で餃子とか食べてるじゃん!!と慌てました。
常に食事とエアコンは同じ場所なので食べる物に気を遣い続ける訳にもいかないのです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

そういえばアロマの空気清浄機を持っているので、エアコンを付けて食事をする時は常に付けることにしました。

                                                                                                                                                                                                                                                    


クルクル回って色もどんどん変わって見ているだけでも癒やされます。

                                                                                                                                                                                                                                                    

空気清浄機なのに、アロマオイルを入れるという不思議な製品です。
アロマオイルを入れているのですが、やはり空気清浄機なのでアロマの匂いを消すのか何も部屋に匂いはしません。

                                                                                                                                                                                                                                                    

しかし、アロマの空気清浄機を付けたままお風呂に入って部屋に戻ったら、匂いは何もしないものの、気になる匂いも全くないので来客時にとっても安心で気に入っています。

                                                                                                                                                                                                                                                    

きちんと寝る前に電源を止めて、中の水を捨ててゆすいて乾かします。
フタも水垢が溜まりやすいのですが、ある程度バラして洗えるのでとっても使いやすいです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

安価で使い勝手がいい物も販売されていますよ。

                                                                                                                                                                                                                                                    


アロマソリューションはこれのラベンダーを使っています。
数滴でいいので長く使えます。

                                                                                                                                                                                                                                                    

100円ショップのリストウェイト

トランポリンを自宅で飛んで、1キロのダンベルで腕を鍛えて、ハンドグリップで握力を鍛えて筋活をすっかり楽しむ生活を送っています。

                                                                                                                                                                                                                                                    

どれもこれも飽きることはないのですが、つい新しいアイテムを増やしたくなります。
次なるアイテムは

アンクル&リストウェイト。

広げるとこんな感じです。
100円ショップセリアで100円でした!

                                                                                                                                                                                                                                                    

ダイソーで1つ250グラムの物は見つけていたのですが(確か150円)、500グラムが欲しかったので見つけられて嬉しい!

                                                                                                                                                                                                                                                   


でもやっぱり100円だからか幅が広くてオシャレではないけど足首が冷えやすい私は足首に付けると暖かくなるのも嬉しい。

                                                                                                                                                                                                                                                    


もちろん腕にも付けます。
仕事中に付けています^^;
職場の人には

                                                                                                                                                                                                                                                    

「ピッコロ大魔王が付けているやつだね」

                                                                                                                                                                                                                                                    

とあっさり理解されてしまう素敵な職場。
お昼ご飯も装着しながら食べますが、お弁当箱を洗う時は邪魔になるので足につけます。
意外と足の方が筋肉がある割に、足に付けると疲れます。
すぐに慣れましたが。

                                                                                                                                                                                                                                                    

500グラムに慣れると今度は1キロが欲しくなっちゃう〜。
先日ホームセンターで見つけたリストウェイトはもっと幅が小さくてピンクとかあって可愛くて気に入ったのできっと買ってしまうと思います。

                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                    

私のナチュラルキラー細胞を壊すな


1日100回笑うつもりで生きています。
それで多少の不摂生もチャラになると信じています。

                                                                                                                                                                                                                                                    

だけどだけど、歩きスマホとか歩きタバコとか視界に入るだけでイライラするよー。
歩きスマホの人って、どうしてハッと顔を見上げてこっちを見た時に無表情なんだろう。

                                                                                                                                                                                                                                                    

昔々の大昔、若い頃にミニスカートを履いて歩いていると、特に階段で下っていると男性が足を見て、次に私の顔を見るんだけど無表情なの。
変な意味はない、エロい意味も悪気もないという表情なのかな。
その時は別にイラッとしなかったけど(あまりにみんな同じ態度で「すごーい!まただわ!」としか思わなかった)

                                                                                                                                                                                                                                                    

だけど歩きスマホはイラッとする。
体の大きな若い女の子が逆ギレでイラッとした顔して、私の体にお腹を当ててきてロックオンされて体当たりされたこともあったし。
ひどい。ひどすぎる。
イライライライラ。

                                                                                                                                                                                                                                                    

「あんたのせいで私のナチュラルキラー細胞が減ったらどうしてく・れ・る・ん・だ・よ!!!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と怒鳴ってやりたい。
もし

                                                                                                                                                                                                                                                    

「どういう意味なのでしょう?」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と聞かれたら、私は親切に丁寧に説明するのか?
いや、それも気に入らん。
ますます減るじゃないか。

                                                                                                                                                                                                                                                    

PR

免疫力UPには発酵食品\(^o^)/

                                                                                                                                                                                                                                                    

だからいつもサッとよけて逃げるしかない。
でも心の中で

                                                                                                                                                                                                                                                    

「きちんと教育を受ける機会が少ないからやっちゃうんだろうなぁ。可愛そうだなぁ〜。」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と悪態ついています。
そしてプリプリしながら家に帰って家で1人で笑えることをします。
が、やっぱり人と話して笑う方が山ほど笑えるなぁ。
友人と会ったり会社の同僚と話したり。
職場で人と同僚と話せる機会が多いのがありがたい。

                                                                                                                                                                                                                                                    

1つ前の会社だとお昼休みが一緒に合えば話せるくらいでほとんど仕事しっぱなしだったので、色々ありがたい環境に導いてもらえているのだから、歩きスマホをもう少し我慢しないといけないのかな。
嫌だけど(@@;)
絶対いやーー!
私に限らずみんな心の中じゃ激怒してるんだから、歩きスマホしてる人は人のナチュラルキラー細胞をぶっ壊してまでやりたいことなのか今一度考えないと永遠に嫌な奴のまんまだからね!!