人に感染させた過去

6月1日から自宅待機だった仕事が縮小して再開します。
勤務日もかなり少ない状態で、部署を2つに分けて勤務します。

                                                                                                                                                                                                                                                    

片方でクラスターが起きたら、もう片方のメンバーが全出勤するのかしら?と思いますが、うつらないようにうつさないように気をつけないと。

                                                                                                                                                                                                                                                    

相当昔、小学校3年生の時だったと思います。
学校が終わって仲良しのマリちゃんと遊んでいました。
遊んでいるうちになんとなく具合が悪い。
熱っぽい気がするなぁと思いながら遊んでいました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

その日の夜に症状が出たかまでは覚えていないのですが、溶連菌感染症にかかっていました。
とにかく辛くて眠れなくて、親が不憫に思ったのか気を紛らわせる為に枕元にラジカセを置いて音楽を流してくれたのを覚えています。
ラジオから録音した曲だったみたいで、色んな人の曲が流れるのですが、ものすごい暗い曲がその中に紛れていて、その歌を歌っている歌手になんの罪もないのですが、しばらくその有名歌手の方が嫌いでした。
思い出しちゃうんだもの。

                                                                                                                                                                                                                                                    

本当に辛くて学校は1週間休みました。
でも何がどのように辛かったかは覚えていなくて、つい最近母に「私は一体何に苦しんでいたのか」と聞いてみたら、「口の中がただれて大変だったんだよ」と。
鮮明な記憶の様で言われても思い出せないのが不思議。
辛かったけど、日中の辛さは思い出せないし子供の頃の記憶なんてそんなもんかとも思いますが、マリちゃんにうつしてしまっていたんです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

マリちゃんは数日休んで学校に行けたのを覚えているので私よりは症状が軽かったらしいです。
小学校3年生の時に仲が良かった記憶があるのですが、4年生の記憶がないです。
同じクラスなはずなのに、マリちゃんを思い出せないのは転校してしまったのかな?
母が覚えているか今度聞いてみよう。

                                                                                                                                                                                                                                                    

1年くらいお友達だっただけかもしれないのに、おうちも覚えているし、マリちゃんのお母さんも覚えています。
マリちゃんのフルネームも分かる。
本当にしっかり者で優しくて、うつした私に対して責めたり一切しなかったと思います。
申し訳ないという気持ちは今でも消えません。
ちゃんとあの時私は謝れていたのだろうか。


                                                                                                                                                                                                                                                

今回の新型コロナウィルスが発症まで遅くて人にうつしてしまう可能性があるし、発症した人は人にうつしてしまったのではないかと相当気にすると聞きました。
その話を聞いて久々にマリちゃんを思い出しました。
10歳にも満たない子供が人に病気を感染させてしまったことを40歳過ぎても反省します。

                                                                                                                                                                                                                                                    

「かかったらかっかったで、うつしたらうつしたで」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と思っている人がいるかもしれませんが、人にうつしたら180度考えが変わるかもしれません。
まだまだ長期戦ですが、また気を引き締めないと。

                                                                                                                                                                                                                                                    

食べて寝て笑って、近くに感染者がいてもうつって発症しない体づくりをしないと、万が一私にうつす人が現れて、その人から一生詫びられるのも嫌なのです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください