すゑひろがりず、フィギュアスケート」カテゴリーアーカイブ

フィギュアスケート観戦の副読本を読んで


フィギュアスケート関連の本は図書館で結構借りるのですが、このフィギュアスケートの副読本は予想以上に良かったです。
▼楽天ブックスでも扱っています▼
フィギュアスケートLife Extra フィギュアスケート観戦の副読本

選手それぞれの見どころがあるのでどの選手も注目しているのですが、三原舞依選手が載っていなくて不満だなぁと思いつつ読んでいました。

しかし選手だけでなく、振付師、リンクを作る人、衣装を作る人などフィギュアスケートを支えている人にもスポットライトが当たっていて良かったです。
今まで知る機会がなかったお話が多くてもっともっとフィギュアスケートの世界が知りたくなりました。

試合を見ていても、紀平梨花選手が靴の調子やお昼寝ができたできないで調子がこんなことになったなどと話してくれるのもとっても興味深くて嬉しくて仕方がないです。
少し前の選手も素晴らしかったけど

「課題が見つかりました」

って課題が何かは教えてくれないのかなぁ、知りたいなぁと思っていました。
怪我も言い訳になるとあまり教えてくれないし。
私に教える必要もない訳ですが。

ネットニュースもきちんと試合と選手を見ている人の記事が増えている気がします。
以前はジャンプが飛べた飛べない転んだなど、試合を見ていない人が適当に書いた記事が多く感じてストレス溜まりまくりでした。

あ、愚痴大会になりそうですみません。
ちなみに元フィギュアスケート選手の中野友加里さんがインタビューした も他のフィギュアスケート本とは一味違って和気あいあい感が癒やされますよ。

趣味って何?って聞く人ってなんなのー


浅田真央ちゃんの出現で15年ほど前からフィギュアスケートに興味を持ち、今では会社に休みたい日の希望を出す時にフィギュアスケートのスケジュールに合わせるほどフィギュアオタクな私です。

                                                                                                                                                                                                                                                    

一番好きな全日本選手権の時はほぼフィギュアのことしか考えられない。
どんな素敵な殿方からデートに誘われようともフィギュアが最優先(誘われるのは妄想)
フィギュアを観る為に体調もしっかり整えなければとこの時期は緊張します。

                                                                                                                                                                                                                                                    

真央ちゃんが競技から退いてしまった時は、これからどうやって生きていけばいいのかとさえ思いましたが、今は今でめちゃくちゃ面白い。
試合後に「課題が見つかりました」以外のことを言ってくれる選手が増えて楽しいし。
海外の選手も日本の選手もコーチも振付師もプログラムも衣装もカメラワークも見るので時に納得行かなくてストレスが溜まることもありますが。。

                                                                                                                                                                                                                                                    

フィギュアスケートを好きになる前はこれといって趣味と言えるものはありませんでした。
だけど飲み会とか友達の友達を集めて遊ぶ時とかお互いの話題がないと

                                                                                                                                                                                                                                                    

「趣味は何?」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と聞く人のいかに多いことか。
以前は特に答えるほどの趣味はなく、テレビゲームばっかりやってたからそれを言ってもどんなゲームやってるかとか聞かれても面倒だしと思って「特に…」と答えると、

                                                                                                                                                                                                                                                    

「趣味がない人なんているの?!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

なんて言われたりして趣味がないことがコンプレックスだなぁと思っていました。
年を取ってみてあの頃よりももっと色んな人と知り合ってきたけど意外と無趣味な人が多いと感じます。

                                                                                                                                                                                                                                                    

趣味あるの?って聞く人は趣味があって人に聞いて欲しいだけだったんだと今なら分かる。
趣味がない人に対して驚くのも子供のやることだから何も気にすることなかったんだわ。
年令を重ねて色んな人がいて、いちいち自信を失ったりコンプレックスに思うことが間違っていたと今なら思えるのに、今になって趣味多数。

                                                                                                                                                                                                                                                    

フィギュアスケートのことは年がら年中考えていますが、ひとりカラオケ(ヒトカラ)も大好き!
お笑いライブもいきなり観るようになりました。
よしもと芸人のすゑひろがりずというコンビのファンです♡
2年連続で単独ライブがあったので行って来たし、顔も覚えてもらえているので末永く応援したいです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

私はたまたま出会いがあって趣味ができましたが、ない人の方が周りに多いかも。
自分に趣味ができても、趣味がない人のことを何とも思わないから私に嫌味を言った人がただ単に自分をすごい人間と思われたかっただけなんだなぁと思うことにしよう。

                                                                                                                                                                                                                                                    

なので人になるべく趣味を聞くのはやめようと思っています。
あ、気遣って聞かない風を装いましたが、聞いたが最後、興味のない趣味の話を延々とされても聞く気がないというのもあります。
人は好きだけど、出会ってすぐその人のことを多く知りたいとは思わないので自分の話も初対面の人にはしすぎない様に気をつけなければと思いました。

                                                                                                                                                                                                                                                    
真央ちゃんのDVD持ってるけど疲れた時の癒やしです。
贅沢を言えばチェロスイートも入っていて欲しかったですが。

                                                                                                                                                                                                                                                    

サンクスツアー東京公演に行きました


浅田真央ちゃんのサンクスツアー東京公演に行って来ました。
神奈川公演にも応募しましたが全滅で、まさか東京が当たるとは驚きです。

                                                                                                                                      
初めの日程の2019年5/25.26はハズレて立ち見券が出るのを待っていたのですが、プレイガイドではなく、ツイッター情報で5/24の19時から追加公演があると知り、抽選に申し込んで開催1週間前の5/17に第3希望のS2席に当選しました。
最前列で見たかったなぁと思いつつ、行けるだけで夢のよう。

                                                                                                                                      

行く前から涙腺が緩んでいるので、バスに乗るために行った瑞江駅を降りたらすぐにバス停に「江戸川スポーツランド行き」と書かれたプラカードを持った人が3人もいて

「な、なんて親切な。。」

                                                                                                                                      
とまず感動^^;
江戸川スポーツランドでバスを降りて会場に向かっていると、京成バスの人たちが

「会場はこのまま真っ直ぐですよ。帰りのバス停はあちらです。帰りも本数増やしますから」

ヤバイ。。京成バスの従業員の皆様はなんて親切なの。
まだ会場にもたどり着いていないのに泣きそう。。
どうにかこらえて会場へ。。
                                                                                                                                      
                                                                                                                                      
防寒着はもちろん用意し、クッションのイスじゃないといつもお尻が痛くなるので100円ショップで買った発泡スチロールのクッションを持って行って半分にたたんで座りました。
コレ便利です。

                                                                                                                                      

                                                                                                                                      
きっと泣くと思ってタオルを用意して行って、始まってすぐに真央ちゃん出てきた時はこんなに近くで真央ちゃんを見るのは最初で最後なんだなと思ったらやはり涙が出てきました。

しかしその後は見とれていただけだったのに、知らぬ間に涙が出ていて首まで流れてきてやっと気がついたのでビックリです。
こんな泣き方があるのだなと思いました。

                                                                                                                                      
真央ちゃんが素敵なのは当然ながら、今年から新加入の今井遥ちゃんも可憐で素敵。
無良崇人くんも体ががっしりしていてジャンプも迫力があってとってもカッコ良かったです。

                                                                                                                                      
「カッコいい!」とか「真央ちゃんはありがとう!」とか「きゃー」とか「わー」とか言ってみたいのに会場で声を出すって難しいですね。
口がパクパクして終わりです。

                                                                                                                                      

リンク内に作られた一番後ろの12列目だったのですが、ちょうど横並びの真ん中くらいで前の人が伸びたり前かがみになったりするので真ん中にいる真央ちゃんが見えないシーンがあって残念だったのですが、最初から最後まで伸びてないだけ良しとしようと心に言い聞かせて楽しみました。
しかし一番後ろの席をいいことに私はずーっと伸びていました。
こんなに背骨を伸ばしたことないと言えるほど限界を超えて伸ばしに伸ばしました。
もしかし背が伸びたかもなんて思ったりもしました。

                                                                                                                                      
終演は20時半頃だったのですが、夕飯も済ませてから来たしのんびり帰ろうと席で支度をしつつ出口が空くのを待っていると、リンクを背に自撮りしている人たちが結構いました。
なのでその方達も帰った後に一番前に座って最前列で観ている気分を味わってきました。
誰もいないので味わえませんでしたがこんな感じで近いので羨ましいです^^;

                                                                                                                                      
その後グッズ売り場を見て、2000円のマグカップを買うかかなり悩みました。
ただ飾ったりしまっておく物はどんなに好きな真央ちゃんの物でも家が狭いのでしないことに決めています。
きっともったいなくて使えないので諦めてグッズ売り場を出ると、会場の外にもグッズ売り場があって空いているのでクリアファイルだけ買ってきました。

                                                                                                                                      
以前高島屋の浅田真央展でもクリアファイルを買って結局会社で疲れた時に眺める癒しグッズになっているだけですが。
その模様はアメブロに書いています。

浅田真央展に行って来ました
                                                                                                                                      

                                                                                                                                      
20分ほどのんびりして外に出ると、瑞江駅行きのバスの列が長い。。
増便してくれていたのですが、乗るまでに30分待ちほどとのこと。
結局20分くらいで乗れて、日中暑かったけど夜は寒くもなく爽やかで楽でした。

                                                                                                                                      
日中のショーなら篠崎駅まで歩こうと思っていたのですが、道も分からないし暗いし待つことにして良かったです。

                                                                                                                                      
ショー終わった後に近くの席の女性2人組が「ます真央ちゃんが好きになっちゃった」と言っていました。
行きは緊張して具合が悪くなるかと思うほどで、こんなに私の心を揺さぶってかき混ぜる人間はいないのだから浅田真央恐るべし!

                                                                                                                                      
真央ちゃんがいるといないとでは私の人生の楽しさが全く違うほど影響力があるお方。
楽しさだけでなく、心踊ってどれほど心の健康面にも影響を与えてくれているのかありがたい限りです。
食事だけでなく、心の健康がいかに大切か改めて思った1日でした。
行こうか悩んでいるお笑いライブも行っちゃおうかなぁと思っています。

                                                                                                                                      

会場で販売していましたが私は既に持っています。
購入した時からチェロスイートも入っていて欲しかった(入っていないんですよ)と思っていましたが、会場で美しいチェロスイートを見てやっぱりDVDに収録して欲しかった!
美しくて可憐で、スケート技術の高さが良く分かります。

                                                                                                                                      
また真央ちゃんのおかげで素晴らしい経験ができたことに心から感謝です。