心の健康」カテゴリーアーカイブ

毎日聴いてるソルフェジオ音源

                                                                                                                                                                                                                                                    

ソルフェジオ周波数というのかしら?
心身ともにリラックスできたり、睡眠導入用とか色々あるみたい。
528hzが有名ですが、私は色々試して心地よかったり気持ちが穏やかになるものを探しています。

                                                                                                                                                                                                                                                    
一番お気に入りは、You TubeでBlueRoseさんのサイト。
お断りしなくても載せて良いとのことなので、URLを掲載しておきます。

https://www.youtube.com/c/BlueRoseChannelJapan

気分で色々聞き分けています。
全部入りと書いてある物を聴くのが多いかな。

                                                                                                                                                                                                                                                    

4096hzのキーンという音にびっくりしましたが、今はキーンがききたくてたまりません。
部屋の浄化にもなるというので、あちこちの部屋で流したり会社で周りに人が居ない時に流したいけどまだ数分しかできていないので会社も勝手に浄化する予定です。

                                                                                                                                                                                                                                                    

色々毎日聴かせてもらってたまにコメント欄を見るのですが、恋愛関係の良いことがあったと書き込んでいたり懸賞に当たったと書いてあったりみんなすごいな。
私は心がかなり穏やかになった気がする。
穏やかでいられることが、どれほど幸せなことか。
懸賞は物を大切にする方だと思うので比較的当たりやすいです。
大切にする人の元へ物だって来たいでしょうから当たりやすいのは知っていました。
                                                                                                                                                                                                                                                    

コメント欄で、「壊れた家電が直った」と書いてあるのを発見して、我が家の壊れかけの洗濯機に聞かせました。
買い換えるつもりでいたのですが、事情があって2ヶ月ほど先延ばしになったのでもうちょっと頑張ってねと声をかけてはいたけど良き周波数で元気になってくれたら嬉しいわ。
今の所どうにか動いてくれているけど。
                                                                                                                                                                                                                                                    

でも、驚いたことに洗濯機の横に置いてあった傘が直りました!
開いた時に、金具がヘロヘロで固定しなくなっちゃってて歩く振動で傘がちょっと閉じかけたり開いたりを繰り返して歩きづらくてたまらなかったのです。
次に雨が降って帰りが晴れそうな日に会社にさして行って、会社の廃棄する傘と一緒に捨ててもらおうと思って家を出てさしてみたらシャッキリ復活。
こんなことってある?!
電化製品は復活することもありそうだけど、駄目になったステンレス部分が復活??ビックリ。
会社で話したけど乾いた笑いが返ってきたから「また変なこと言ってるけどいつものことだからいいや」くらいに軽く流されたっぽい(^_^;)
                                                                                                                                                                                                                                                    

心身安定して穏やかにこれから起こる大きな出来事に備えなきゃ。
毎年彼氏がいようがいまいがクリスマスの音楽を聴くと寂しい気持ちになっていたけど、今年は夢や希望に溢れた胸熱な気持ちでいるからなんともない。
これから絶対に良い世の中になるから、健康に気を付けて自分の身は自分で守ってしっかりみんな生きて欲しいです。
                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                    

東京ドームホテル アーティストカフェ

2020年9月末までのランチペアチケットを使い忘れていた!と知人から月末ギリギリにもらっちゃいました。
コロナでなかなか友人も誘いづらいからどうしようと悩みました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

休日も9月末まで3日しかなくて、30日も休みだけど最終日は予約取れないんじゃないかしら?と思うと残り2日間。
もう1日は日曜日だから、できればチケットを貰った翌日の平日に行きたいなぁと悩んでいて、シフト表を見ていると、職場の人で翌日休みの人が。

                                                                                                                                                                                                                                                    

職場の人なら毎日のように会っているし、誘いやすいかもと連絡してみると即OK。
さっそく予約をすると、混んでいるので窓側の席に案内できないかもと言われました。
43階にあるから景色を見ながら食べたい人が多いのかな?
デートじゃないし景色は別にどっちでもいいのでOKです。
以前も行ったことがあるお店だから美味しい料理が食べられればそれでいいのよ。
(と、思っていたけど、行ってみたら窓側の席に案内してくれました)

                                                                                                                                                                                                                                                    

コロナ前は前菜とデザートはビュッフェスタイルだったのですが、オーダ式に変わったとのこと。
スープと前菜の盛り合わせを選べたので盛り合わせにしました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

どれも美味しい!
大体見た目が美しいだけの前菜が混ざっていそうなものだけど、全部良い。
全部説明してくれて、マスタードの前菜があると聞いて不安になったけど、マスタードがお皿にちょこんと乗っていて食べ物に付いていなかったのが嬉しすぎました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

次にパスタが来たのですが、お皿が大きすぎるのに中身がちょこんと少ない感じでした。
メインは別にあるので ちょうど良かったですけど。
パスタは選べなくて、本日のパスタとしてきのこのクリーミーなパスタでした。
カルボナーラとも違うし食べたことのない味付けで美味しかった。

                                                                                                                                                                                                                                                  

メインは鮭にしました。
ソースも美味しいし選んで正解。
肉肉しい肉料理も食べてみたいと思いつつ、ついつい普段食べない魚を選んでしまいます。
ここでメインはいつも(と言っても数回しか来たことないけど)魚にしている気がする。

                                                                                                                                                                                                                                                  

デザートは盛り合わせをまず持ってきてくれて、あとから好きなのだけまたオーダーできます。
私はアーティストカフェのカシスシャーベットが大好きなのよ。
全部で4個食べました。
自分で取りにいけるならもっと食べていたな。
デザートのプレートをまるっと同じままでもう1回お願いして、更にカシスシャーベット2つと他にいくつか気に入ったデザートをおかわりしました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

隣との席も離れた造りで、背もたれも高いのでデートにも最適ですよ。
しかも適度にスタッフさんが様子を見に来てくれるので、「すいませーーん!」なんて呼ぶ声なんて一切聞こえず。
呼びたい直前に来てくれてすぐに対応してくれて、食事も接客も満足度が高かったです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

天下一品ラーメンの味噌ラーメン

2020年9月に新登場した味噌ラーメン。
いつもこってりを食べているので、食べに行くならこってり以外ありなの?と悩みつつ、食べてきました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

確か9月21日から発売で、味噌ラーメンのことを知る前に29日に友人と久々に天一に行こうと約束をしていたので、口コミを見てから友人に報告しようと思ったら発売日前に友人から

                                                                                                                                                                                                                                                    

「私は味噌ラーメン食べるー!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と連絡が来ました。
私から言いたかったのに、チッばれたか。
ツイッターとmixiでチェックしたけど、思ったほど口コミは出ていない。
でももう心が味噌ラーメンに支配されているのよ。

                                                                                                                                                                                                                                                    

と、いうわけで味噌ラーメン!

                                                                                                                                                                                                                                                    

20歳になるまで味噌ラーメン自体を食べたことがなくて、当時の彼氏に誕生日に味噌ラーメンを食べに連れて行ってもらいました。
それほどの感激もなく、コメントに困った記憶があります。
その後も何回か味噌ラーメンを食べてみたけど、それほど美味しい味噌ラーメンに出会えてこなかったのでいくら天一が作ったと言えどあまり期待していませんでした。
味噌汁みたいな味噌ラーメンや、濃いと評判の味噌ラーメンはしょっぱいだけ。
私の口に味噌ラーメンが合わないだけなのよと思ってもしかすると10年くらい味噌ラーメン食べてなかったかも。

                                                                                                                                                                                                                                                    

天一の味噌ラーメンがどうだったかというと・・・

                                                                                                                                                                                                                                                    

完食!
底の文字が見たくて汁も全部飲んでしまった。
今まで食べた味噌ラーメンの中で一番美味しい!
こってりも混ざっているのか、まったりとした味噌ラーメン。最高。
毎回味噌ラーメンにしちゃうかも。

                                                                                                                                                                                                                                                    
私と友人はもうお年。
こってりも美味しくて好きなんだけど、疲れた時や元気を付けたい時に食べに行こう!と10年くらいの天一友達。
だけど最近は食べた後に元気になるか、刺激に耐えられずお腹が重くなったり少し体調が悪くなるかになっていたので、天一に行くのはギャンブルチャレンジだったのです。

                                                                                                                                                                                                                                                    
しかし味噌ラーメンはいつでも食べられる味。
だからといって優しすぎずちゃんと天一だと思います。
他に美味しい味噌ラーメンを知らないので褒めすぎかもしれないけど、初めて出会った美味しい味噌ラーメン。
次回も味噌ラーメンにしちゃうなぁ。

                                                                                                                                                                                                                                                    

昔祖母とラーメンを食べようと思って歩いていたら天一がありました。
祖母が「ラーメン屋あったよ」と言ったけど「おばあちゃんが食べるには強すぎるかも」と別のラーメン屋に連れて行ったことがありました。
今なら味噌ラーメンを食べさせてあげられるのに。
もうおばあちゃんはいないのよ。
でも一緒に食べたかったねと心で想ったら気持ちが伝わる気がするな。

                                                                                                                                                                                                                                                    
一緒にいた友人もとっても気に入って、今まで他に美味しい味噌ラーメンに出会ったことがあるか聞いてみたら

                                                                                                                                                                                                                                                    

「サッポロ一番みそラーメン!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

お店を教えてくれるんじゃないの?!とちょっとビックリしたけど、味噌ラーメンは好きではないと思ってカップ麺も袋麺も未経験だからチャレンジしたくなってきた。
しかもサッポロ一番の製麺技術は特にすごいと何年か前に感激した気がするから、次スーパーに行ったら買っちゃうのよ。私は。

                                                                                                                                                                                                                                                    
天一のこってりも元気な時は食べたいから、天一に行く日が増えちゃうかもなぁ。

                                                                                                                                                                                                                                                    
お近くにお店のない人用に、おうち味噌ラーメンも出るといいですね。

                                                                                                                                                                                                                                                    

カロリーゼロ理論

金スマでEXITのりんたろーさんのダイエットの話が放送されていました。
食事をする時に、恥ずかしそうに

                                                                                                                                                                                                                                                    

「太ると思って食べたら太ると思っているので・・」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と言っていました。
でもコレ本当だと思う。

                                                                                                                                                                                                                                                    

私は太りづらいと思って生きているのですが、以前勤めていた会社が忙しくて残業も多くて夜遅くに食事をすることが多かったんです。
しかも忙しくない時期は飲み会が多い。
さすがに太ってきて、当時人生マックスの体重を超えそうになっていました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

そうなると食べるのがストレスになったりもするし、食べグセも付いているから食べちゃうし、また太る?もっと太る?と思っていると本当に太るので毎日ビビりまくり。
太りづらいと思って生きてきたけど、中年になると痩せづらいって私にも当てはまるのかーと思っていました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

その後転職して残業もなく、自炊に励んでいたら体重も落ち着いてきました。
でも一番良かったのは、毎日のお酢。
自分で漬けたレモン酢をハチミツとお湯で割って毎日晩酌の様に飲んでいます。

たくさん食べても太りづらいかもと思って過ごしているうちに、食べる時に太るかどうかなんて考えなくなりました。
そしたらちっとも太らず。
特に暗示にかかりやすい性格でもあるので、太ると思ったら太るは私に影響あります。

                                                                                                                                                                                                                                                    

なので、サンドウィッチマンさんがカロリーゼロと言って食べるのは正しい!・・のか?
太ると思うと太ると思うけど、太らないと思っても、結局太るかどうかを考えているので、考えるよりは考えない方がより良いかも。
だってサンドウィッチマンさんがあまりお痩せになっていないから。。

                                                                                                                                                                                                                                                    

私のマネしても太らない保証はございませんが。
生きていくうちに自分に目を向けていると多少自分のタイプを理解できるので、テレビのダイエット特集を見るのも良いですが自分はこの生き方が合っていると気づく瞬間があったらしめたもんです。
私は、毎日の手作りフルーツ酢と、可能な限り1日2食。
自分には3食も必要ないなと最近気が付きました。
おやつはオッケーです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

それだけじゃなくて、2年前にトランポリンを買って跳んでいるのも良いのかも。
とっても楽しくて、トランポリンもオススメです。
体調もとっても良いです。
めまいがまず治ったのが最高です。

                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                    

生かされるってなんだろう

よく“生かされている”という言葉を聞くけれど、今のところ全く意味が分かりません。
死にたい願望は全くなく元気に日々を生きておりますが、生きているのは地球に迷惑をかけていると思っています。
特になんの役割もないのに食べ物を毎日食べて、排泄して、ただ地球を汚しているだけの存在。
貧乏くさいと人から言われるのは、こういう心理が根底にあるからなのかな?
でもみんなはそう思わないから私を貧乏くさいと思うのかしら?

                                                                                                                                                                                                                                                    

でも日本では貧乏くさい私でも、地球規模ではとんでもない贅沢者だと思うし、何だかんだ考えても思っても生きていくしかないと思うのですが。
あまり生きることを考えると、生きることの延長線上には死ぬことがあるので深く考えすぎないことも大事ね。

                                                                                                                                                                                                                                                    

九死に一生を得るという言葉があるけど、こういったことから生還するのを生かされてる?っていうの?
ただ生きているだけでも生かされてる?
分からないけど、生きていることが奇跡なんだろうと年齢を重ねるごとに思うようにはなってきました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

病院に行って他の大きな病気が見つかるとか、ずっと症状がなくて見つかった時には手遅れとか決まっているのかもしれない。
誰に出会うかによっても自分の幸福不幸が変わってくるし、本当に不思議。

                                                                                                                                                                                                                                                    

かなり昔、自宅のインターフォンに丸い小さなシールが貼ってありました。
なにこれ?と思って剥がしたけど、剥がして何かあったら嫌だなぁと思って隣の家のインターフォンを見に行ったら同じく貼ってありました。
勝手に剥がして反対の隣の家には行かず貼ってあるかも分からない状態。
そのことをすっかり忘れて数年後、テレビで

                                                                                                                                                                                                                                                    

「空き巣が事前に下見をして印を付けていくことがある。シールを張ったり書き込みをしたり・・」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と今では有名になりすぎて空き巣が使えなくなった手といってもいい情報がこの頃は驚きの話でした。
怖いなぁなんて思っていたけど、そういえば数年前に自宅のインターフォンのシール剥がしたな。
シールを貼ってあるか確認しなかった隣の家に空き巣が入ったっけ。。。
と急に思い出して恐怖に震えました。
空き巣が入ったお隣は男性のひとり暮らしだったのですが、ご近所の噂から女性関係のトラブルなんじゃないの?って勝手に思っていたので、本当に空き巣だったのかしら?なんて当時は軽く考えていました。
シールを剥がしていなければ、ウチに入っていたかもしれないと何年も経ってから震え上がりました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

しかも私も留守の時の出来事だったので、警察が来たのも知らないし、近所のおばさんに
「隣に空き巣が入ったらしいけどおたく大丈夫ー?」
って言われて、何を言っていいか分からず「特に何も・・」と答えてそれっきりでした。
お隣さんもそのまま住んでたし。

                                                                                                                                                                                                                                                    

私の家族も何も起きないのが一番ですが、父が子供の頃トラックにひかれたと思ったら下にすっぽり入り込んで無事だったとか、おばあちゃんから

                                                                                                                                                                                                                                                    

「昔お父さんが子供の頃、ストーブの空焚きで一酸化炭素中毒になりかけて、這いつくばって窓を開けて助かったことがあるのよ。家族全滅するところだったわ」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と聞いたこともあります。
父は一酸化炭素中毒やトラックの下敷きになった他にも腸閉塞になって、家にいたらきっと寝れば治ると思って寝てしまったと思うけど、外出先だったので仕事仲間が救急車を呼んでくれて危ないところだったと病院で言われました。
家にいたら救急車を呼ぶなんて考えず、寝ていれば治るだろうと思ってしまっていたと思うので死んでしまっていたのだと思います。
死ぬほどの思いを何度もしているのも可愛そうだと思うので、運がいいのか悪いのか。。

                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                    
空き巣に続いて私は命と関係ないことばかりかもしれませんが、高校生になったばかりの頃に変な電話がかかってきました。
違う高校の2年生と言っていたかな?

                                                                                                                                                                                                                                                    

「仲間内で女子を襲おうって話になっていて、適当に名簿で君を選んだ。様子見で電話かけてみろと言われて・・」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と下っ端だと名乗る男子生徒。
しかも内容バラしちゃダメじゃん?
しかも私が好みとか可愛いとかじゃないのも腑に落ちないし。
とりあえず内容は気に入らないけど、イマイチ話の内容にもピンと来ず、

                                                                                                                                                                                                                                                    

「あなたも嫌な役割を押し付けられて大変ね」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と言ったら相手は驚いて

                                                                                                                                                                                                                                                    

「この状況でどうしてそんなことが言えるの?!絶対阻止するから任せて!君の学校の3年生で頼りになる先輩がいるから守ってもらえるように頼んでおくよ!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と言われました。
何この内容?
いたずら電話?
自作自演??
1時間位話したので、本当の内容を聞くまで時間はかかっていた気がするけど、全体的にさっぱり意味が分からなかった。
でも助けてくれるって言うし、せっかくだから「ありがとう」と言って電話を切りました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

数日後に学校から帰ると家族から

                                                                                                                                                                                                                                                    

「○○さんっていう男の人から電話があったよ」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と。
あの時言ってたウチの学校の人?
でも本当に存在するか分からないし折り返してとも言われていないし、その後電話もありませんでした。
それから特に何事もなく無事に学校生活を送れたのですが、ある時一緒にいた友人が学校で

                                                                                                                                                                                                                                                    

「あ、△部の○○先輩だ!部長で人気なんだよ!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と言われて慌てて姿を見ました。
だって、あの時私を助けてくれるようにお願いしたという人と同じ名字なんですもの。
学年も一致しているし。
そこにはガタイのいい優しそうな笑顔の男の人がいました。
みんなに本当に慕われていそうな、人のために力を尽くしそうな。

                                                                                                                                                                                                                                                    

一瞬でも私の力になってくれようとしてくれた人がこの人か。
私の姿を見に来たのかは全く知らないけど、繋がらない不思議なご縁でした。

                                                                                                                                                                                                                                                    

私達は色々なことを運良く回避したり、できなかったり、自分の判断ミスで動くべき時に動かず留まってしまったり、色々な偶然が重なって今ここにいるんだなぁと思います。
ただ単に、右に曲がる道をたまたま左に曲がった日があっただけで、今とは全く違う人生になっていたのかもしれないし。

                                                                                                                                                                                                                                                    

悔やまず生きる人生なんてまずない。
全てを受け止めて真摯に向き合って逃げないことが大切だと若い頃は思っていたけど、今は逃げることも大切だと思っています。
ただ、逃げる方向を間違えてはいけない。

                                                                                                                                                                                                                                                    

みんな必死で生きているんだし、私のことなんかで相談するのは申し訳ないと誰にも相談せずに生きてきたけど、ある時友人が

                                                                                                                                                                                                                                                    

「私がひとりぽっちで悩んでいるのを隠していたらあなた怒るでしょ?!相談してくれなかったことを私は怒ってるよ!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と言ってくれました。
悩んで隠さなければ得られない貴重な経験。
後悔はするけど、間違えた選択をしなければ得られなかった経験も多数あります。
逃げる道さえ間違えなければまた新しい道に行けるから、迷いながら悩みながら人を支えたり支えてもらったりしながら生きていっていいのかな?と考え過ぎずにやっていこう。

                                                                                                                                                                                                                                                    

コロナの影響もあるし、しばらく孤独を感じることも多い日々が続くと思うけど、大事なのは

                                                                                                                                                                                                                                                    

“力むことなかれ” 

                                                                                                                                                                                                                                                    

なかなか気持ちが安定しない中、大ファンのすゑひろがりず南條さんがおっしゃった言葉で救われました。
自分に合った救いと運良く出会えるのもありがたい。
結構こうやって辛い時や考えすぎている時に救いが目の前にくるというありがたい人生を送っております。
ご先祖様がヤレヤレ世話が焼けると、気にかけてくれているのかな?
文章にすることによって気持ちも整理できるし、迷ったら文章にしたり人に話すと自分の気持に気づいたり整理できたりするので良いかもしれない。

                                                                                                                                                                                                                                                    

台湾行きたいよー

今まで3度台湾旅行に行っています。
台湾の方はみんな親切で、食べ物はとっても美味しいし行けば行くほど好きになっちゃいます。

                                                                                                                                                                                                                                                    

最後に行った時に、サイゼリアとか牛角を見かけて、日本とあまり変わらないのかなぁと思ってしまって数年足が遠のいていましたが、今まで1度も一緒に旅行をしたことない友人と、2人旅をしてみようかと盛り上がり、台湾に行こうと決めました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

職場が別なので、休みを合わせられるか分からないししばらくは妄想だねーと、お互い旅行ガイドを見ては妄想して、会った時に妄想披露をしていました。
しかし新型コロナウィルスの影響でしばらく旅行だなんて言っている場合じゃないとなると、ますます妄想が膨らみます。

                                                                                                                                                                                                                                                    

渡航OKになっても台湾の方々に迷惑はかけられないし、今でさえ友人にすら会わない生活を送っているので本当にいつになったら行けるのかしら?
台湾スイーツも好きで、今まで行くとタロイモのスイーツはよく食べていました。
今は日本でも食べられるけど、やっぱり台湾で大きな器でお腹いっぱい食べたいものです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

台湾スイーツの手作りキットなんて売ってる!

仙草ゼリーも美味しいんだよなぁ。懐かしいなぁ。台湾のコンビニやスーパーに行くのも楽しくて、よく見かける飲み物は黒松。台湾の有名飲料メーカーみたいです。一緒に行ってた友人がよくコーラを飲んでいました。懐かしい。

                                                                                                                                                                                                                                                    

今まで電子鍼のお店や、インリンオブジョイトイさんのヘッドスパのお店など、毎回エステやマッサージに行くことにしているのでそれも行きたいな。

                                                                                                                                                                                                                                                    

予定より妄想タイムが長くなりそうだけどその分、綿密に計画が練られた素晴らしい旅になるといいな。

                                                                                                                                                                                                                                                    

言われるうちが華

若い頃、10年間くらい

                                                                                                                                                                                                                                                    

「結婚しないの?」

                                                                                                                                                                                                                                                    

「子供は早く生んだ方がいいわよ」

                                                                                                                                                                                                                                                    

「言われるうちが華よ」

                                                                                                                                                                                                                                                    

「言われなくなったらおしまいよ」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と何度言われたことでしょう。
30歳を超えて何年か経った頃

                                                                                                                                                                                                                                                    

“あ、そういえば誰も結婚について言わなくなった”

                                                                                                                                                                                                                                                    

と思いました。
更に今はもっともっと年を取りましたが、言われてるうちが華の意味が今でも分かりません。
きっと私に言っていたおば様たちは、今の私とそう変わらない年齢だったと思います。
私が結婚していて子供がいたら若い子に同じ感情を持ったのかな?

                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                    

でもどう考えたって、結婚した方がいいって人に言われたくらいで結婚できるわけないだろ。
そういうならオトコ連れて来いって!
と、思ったけど、本当に連れて来られてもうまくいかないのよね。
紹介で色んなしがらみがあると断りづらいし、結婚したいなんてそもそも言ってないし。

                                                                                                                                                                                                                                                    

良かれと思って言ってくれているから強く反発できない。
こういう自分の良心の押し付けって結構苦しいのよね。
今思い返しても嫌で嫌で仕方がないもの。

                                                                                                                                                                                                                                                    

結婚に限らず「正社員になるべき」「資格を取った方がいい」とかしつこい人もいたな。
人の人生をコントロールしようとする意味が分からないけど、これは相手のためと思って言っているから手に負えない。

                                                                                                                                                                                                                                                    

相手を悪く思うよりも、右から左へ受け流すのが一番。
左から右でもいいし、下から上に受け流してもいいよー。
なんなら自分がサッと避けて受け止めないのもあり。

                                                                                                                                                                                                                                                    

自分も人に言っていることあるかもしれないから気をつけなきゃ。
力むことなかれ。よ。
それが、あつば。れ なのよ。(すゑひろがりずファンなら分かる言葉)

                                                                                                                                                                                                                                                    

あまり言われた気に入らない言葉やできごとを深く考えちゃいけないのよ。
考えるのも大事だけど、生きることを突き詰めて考えるとその延長線上に死ぬことがあるから、力まず自分にとっての上手な生き方を見つけていくしかないのです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

力むことなかれ

(このスクショは、ななまがりとのオンラインライブ“地獄変”での一幕です。
何が起きているかは購入した人しか分からないので見ていない方には内緒です。
今後もオンラインライブが続くので興味があったら購入して一緒に楽しみましょう!)

                                                                                                                                                                                                                                                    

世の中が大変で、これからもっと大変になるかもしれないと思うととっても疲れますね。

                                                                                                                                                                                                                                                    

私は仕事も失っていないし、あまり気軽に出歩けない日々でも職場の同僚たちと仲良しなので通勤して同僚に会うだけでストレス解消されるし元気に生きている方だと思います。

                                                                                                                                                                                                                                                    

それでもなんだか世の中が色々ありすぎて今日は突然ドーーンと疲れてしまいました。
漠然とした心の疲れだし、きっと今のご時世疲れているのはみんな同じだから人には言えないし。
テレビの報道番組的な放送も見ていて嫌になって消しました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

まだ見ていない分のすゑひろがりずのYou Tube(すゑひろがりず局番)見ちゃおう!と気分転換に見たら心が救われました。
単純かもしれないけど、結局私だけじゃなくて人が人を救ったり救われたりなんだな。

                                                                                                                                                                                                                                                    

内容としてはどうぶつの森(集えけものどもの藪)の中でお悩み相談をしていて、受験が大変というお悩みに石神様(南條さん)が

                                                                                                                                                                                                                                                    

「若い頃のことは振り返ってみれば大したことない。力むなかれ」

                                                                                                                                                                                                                                                    

ドーンと来た。
若い子に限らず、大人になっても振り返ってみたら大したことないこと(や、想像して落ち込んでも仕方のないこと)がほとんど。
今回の心の疲弊もそうだった。

                                                                                                                                                                                                                                                    

ありがたいことに、辛い時や落ち込んだ時にこんな感じでいつもその時にピッタリのお助けに出会える。
ご先祖様とか誰かが助けてくれているのかな?といつも思う。
力むことなかれ。
人生においてとっても大切なことだと思う。
心にしっかり刻まねば。
大人にも子供にも良いお笑い教育番組よ。

                                                                                                                                                                                                                                                    

だから私も人を救う側になりたいとことあるごとに立ち上がれるのです。
一気に見たらもったいないと思いつつ、すゑひろがりずのYou Tubeを立て続けに4つ見てしまった。
元気が出たというか感謝感激でありがたさが心にしみて涙しちゃった。

                                                                                                                                                                                                                                                    

すゑひろがりずのお二人はこういうファンの感情に戸惑っているみたいだけど(笑)
目の前で見たら臭いおっさんとか必死に言っていますが、臭くないですよ。
南條さんは汗っかきだけど汗臭いと思ったことなどないです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

ファミマザよしもとというコンビニの中でのお笑いライブで至近距離で何度か観ていますが、映像の中と同じでキュートなお二人です。
初めて劇場で見た時から一度もおじさんと思ったことはなく、まずは南條さんをカワイイ人だなぁと思いました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

私の方が年上なので、若い子からすればただのオッサンなのかもしれないけど、オッサンであんなに可愛らしい人はなかなかいないです。
しかも2人揃って可愛いなんて奇跡でしょう。

                                                                                                                                                                                                                                                    

お2人共奥様と仲良しだし、穏やかだし、CMに起用するなら安全安心ファン多し。
You Tubeのコメント欄でもお2人への愛ある投稿やユーモラスな投稿が多くて読んでいて楽しい。
ファンの方たちと早く劇場を満杯にして一緒に大笑いしたい!

                                                                                                                                                                                                                                                    

人に感染させた過去

6月1日から自宅待機だった仕事が縮小して再開します。
勤務日もかなり少ない状態で、部署を2つに分けて勤務します。

                                                                                                                                                                                                                                                    

片方でクラスターが起きたら、もう片方のメンバーが全出勤するのかしら?と思いますが、うつらないようにうつさないように気をつけないと。

                                                                                                                                                                                                                                                    

相当昔、小学校3年生の時だったと思います。
学校が終わって仲良しのマリちゃんと遊んでいました。
遊んでいるうちになんとなく具合が悪い。
熱っぽい気がするなぁと思いながら遊んでいました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

その日の夜に症状が出たかまでは覚えていないのですが、溶連菌感染症にかかっていました。
とにかく辛くて眠れなくて、親が不憫に思ったのか気を紛らわせる為に枕元にラジカセを置いて音楽を流してくれたのを覚えています。
ラジオから録音した曲だったみたいで、色んな人の曲が流れるのですが、ものすごい暗い曲がその中に紛れていて、その歌を歌っている歌手になんの罪もないのですが、しばらくその有名歌手の方が嫌いでした。
思い出しちゃうんだもの。

                                                                                                                                                                                                                                                    

本当に辛くて学校は1週間休みました。
でも何がどのように辛かったかは覚えていなくて、つい最近母に「私は一体何に苦しんでいたのか」と聞いてみたら、「口の中がただれて大変だったんだよ」と。
鮮明な記憶の様で言われても思い出せないのが不思議。
辛かったけど、日中の辛さは思い出せないし子供の頃の記憶なんてそんなもんかとも思いますが、マリちゃんにうつしてしまっていたんです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

マリちゃんは数日休んで学校に行けたのを覚えているので私よりは症状が軽かったらしいです。
小学校3年生の時に仲が良かった記憶があるのですが、4年生の記憶がないです。
同じクラスなはずなのに、マリちゃんを思い出せないのは転校してしまったのかな?
母が覚えているか今度聞いてみよう。

                                                                                                                                                                                                                                                    

1年くらいお友達だっただけかもしれないのに、おうちも覚えているし、マリちゃんのお母さんも覚えています。
マリちゃんのフルネームも分かる。
本当にしっかり者で優しくて、うつした私に対して責めたり一切しなかったと思います。
申し訳ないという気持ちは今でも消えません。
ちゃんとあの時私は謝れていたのだろうか。


                                                                                                                                                                                                                                                

今回の新型コロナウィルスが発症まで遅くて人にうつしてしまう可能性があるし、発症した人は人にうつしてしまったのではないかと相当気にすると聞きました。
その話を聞いて久々にマリちゃんを思い出しました。
10歳にも満たない子供が人に病気を感染させてしまったことを40歳過ぎても反省します。

                                                                                                                                                                                                                                                    

「かかったらかっかったで、うつしたらうつしたで」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と思っている人がいるかもしれませんが、人にうつしたら180度考えが変わるかもしれません。
まだまだ長期戦ですが、また気を引き締めないと。

                                                                                                                                                                                                                                                    

食べて寝て笑って、近くに感染者がいてもうつって発症しない体づくりをしないと、万が一私にうつす人が現れて、その人から一生詫びられるのも嫌なのです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

おこもり生活ネット三昧でした

ポケットWi-Fiを持っていてつくづく良かったと思いました。
You TubeとTwitterばっかり見ていました^^;

                                                                                                                                                                                                                                                    

時間があるからだけでなく、2年以上前からファンのすゑひろがりずのYou Tubeが盛り上がりまくっているので観るのが忙しいのよー。
You Tubeを始めてからすぐに登録したけど初めは100人くらいしか登録者がいなくて、途中から更新しなくなってたんです。

写真はよく通っていた“ファミマザよしもと”より。
新宿のファミリーマートでお客さん数人でお笑いライブが見られるという豪華なもの。
この日はロボくん(真ん中)という芸人さんと一緒のご出演です。
服装が似ていますが同じグループではありません。
左が南條さんで右は三島さんです。この日は相当暑くて猛暑日だったかな。
店内も暑くて、私と私が連れて行った友達の合計2人だけのお客さんでした。
人生で一番の贅沢だと思います。
こんなこともうありえませんね。
最後に一緒に写真を撮ってもらえるので、大事に保管してあります。2018年の出来事です。                                                                                                                                                                                                                                                    

憶測ですが、You Tubeを始めるきっかけになったのが、AbemaTVで放送された
“シモネタGP下半期”
に出場して、放送後に上がった動画が100万回以上再生されたのでイケる!と思ったのではないかと。

                                                                                                                                                                                                                                                    

でもYou Tubeチャンネルを作っておいたおかげでM-1後すぐに再開できて大成功!
良かったぁ。
編集もとっても良くなっているし、素晴らしい。

                                                                                                                                                                                                                                                    

動画の貼り方が分からないので、ご興味のある方はすゑひろがりず局番をぜひぜひご覧ください(^O^)↓

すゑひろがりず局番

                                                                                                                                                                                                                                                    

コメント欄がファンの方で溢れていて、あちこちで「二人は仲良し」「二人共カワイイ!」「上品」と。
私がずっと思っていたことをすぐにファンの方たちが見抜いているのが嬉しい。

                                                                                                                                                                                                                                                    

私もずっとすゑひろがりずのお二人のことを“上品”だと思っていました。
お金持ちのおうちの子の雰囲気ということではなくて、相方や他の人がウケたり褒められたりを素直に認めて大笑いして悪意のない心のキレイなところが卑しさがなくて上品に見えるのだと思います。
お二人共穏やかで優しいからそう見えるのかな。
これは本当に強みだと思うので、仲いい訳ではないなどおっしゃらずに上手にお付き合いされてみんなに愛されてほしいな。
                                                                                                                                                                                                                                                    

「俺たちは特別仲良しな訳ではないんだけど」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と言いつつ、認めあってはしゃぎあって楽しそうだから仲良く見えます。
おじさん同士がイチャイチャしてる様にすら見えます。
しかもそれを見ていると私たちファンがとっても幸せな気持ちになります。

                                                                                                                                                                                                                                                    

特に南條さんは小2であってお母さんでもあるお方(勝手な私目線ですが)
普段は社会人として大人として振る舞っていて、それも本当の自分でちゃんと大人なんだけど、楽しくなっちゃうと小学校2年生みたいにはしゃいじゃう。
はしゃいで子供に戻るけど、ちゃんと大人でもあるし三島さんのお母さんぶっちゃうという面倒見の良い部分もある。
思春期にちょっと疎外感の青春があったり、人から何でもそつなくこなすと思われているけど実はそうでもない部分とか。
共感を持つ人も多いのでは?と思います。

                                                                                                                                                                                                                                                    

お二人のワチャワチャが可愛くて仕方がない。
時折三島さんがお母さんみたいになるのも面白い。
役割がチェンジできたりするから幅が拡がっていいですよね。

                                                                                                                                                                                                                                                    

三島さんの方がテレビなどに出演された際の無茶振りに咄嗟に天才的な発言をされますが、それも横に南條さんがいてのこと。
南條さんが横にいるから安心して伸び伸び発言されているのだと思います。

                                                                                                                                                                                                                                                    

一人でも堂々としているのは三島さんに見えるのかもしれませんが、ピンで出場するR-1グランプリに三島さんは出場しません。
南條さんは一人でも出られます。
(一人でも大丈夫なのは南條さんではあるけど、円形脱毛症になったりされます)
でもコンビでのネタは三島さんが作られているんですよ。

                                                                                                                                                                                                                                                  

持っているポケットWi-Fiのことを書こうと思っていたのに、すゑひろがりずのことを書いてしまった。
ポケットWi-Fiはとっても便利なのですが、スマホとタブレットに使っているので多い時は1日3回くらい充電しています。
結構すぐに充電がなくなります。
スマホは使えるけど、タブレットはWi-Fiだけに頼っているので動画の途中で充電が切れて再生が止まったら泣いちゃう〜。

                                                                                                                                                                                                                                                    
GMOとくとくBB -Wimax-