こんなサイトや出来事も」カテゴリーアーカイブ

ツイてるにはノッてるがついてくる

最近ツイッターばかり見ていて、元々はすゑひろがりずやフィギュアスケートなど好きな人達をフォローして情報を見ているアカウントがメインでした。
もう1つアカウントを持っていて、放置中だったけど世の中がおかしいぞ?と思って調べる用に使い始めました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

そしたらナゼかトランプ大統領がいかにすごいかというところにたどり着いてすっかりファンになってしまいました。
だけどトランプさんばかりに頼ってお願いしてもいけないというご意見にも賛成。

                                                                                                                                                                                                                                                    

まずは自分を高めようと色々調べて実践をしているのですが、フォローをしている方のリツイートで
「ツイてるを1日100回(もしかしたら1000回だったかも?)言いましょう」
と書いてあったんです。
たしかに言霊の大切さを教えてくれている人は多いから、良い言葉を発すればいいのよね。大事。
さっそく言ってみよう。

                                                                                                                                                                                                                                                    

「ツイてるツイてる、ノッてるね。。」

                                                                                                                                                                                                                                                    

どうしてもノッてるがついてくる。
ミポリンがいけないと私は言いたい。

し、しかし35年前の歌だとは。
古いことほどすんなり思い出すのはどうしてなのか?

                                                                                                                                                                                                                                                    

なんて心配している場合ではない。
この調子だと、1日に10回が限度。
ノッてるがついてくる。
間を開けずに連続で言うのは??

                                                                                                                                                                                                                                                    

「ツイてるツイてるツイてるツイてる・・ワオ!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

あー、ダメだ。いっちょめいっちょめワオ!のリズムになってしまう。
ドリフはあまり見ていなかったのに、今でもテレビで流れますからそのせいだわ。
結局数日試行錯誤の末、私には言えないという結論に。
人それぞれ合う合わないがあるのよ。
私に合った方法で自分を高めていくしかないのです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

個人情報漏れてるからまた迷惑電話

私はネットショッピングもたくさんするし、登録しているサイトも山ほどあります。
なので、今まで何度も個人情報が流出しています。
昔ネット回線を契約していたYahooBBから漏れた時は500円もらったな。
登録している派遣会社から漏れた時は

                                                                                                                                                                                                                                                    

「なんか漏れたらしっすよー!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と担当営業から笑い飛ばされた(怒)
サンプル百貨というサイトから大々的に漏れた時は当時?の社長がどう謝罪するかテレビ出演するというので見ていたら

                                                                                                                                                                                                                                                    

「私だって辛いんですぅ!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と女性の社長が泣き出してドン引き。
しかも、サンプル百貨から漏れた情報で不動産投資の電話がたくさんかかってきてるという話なのに、私には1本の迷惑電話もなかった。
非正規雇用はそんなに価値がないんかい!
アンとケイトというアンケートサイトもかなり大掛かりに漏れたけどシレっと謝罪だけで今も再開してる。

                                                                                                                                                                                                                                                    

どこから漏れた情報か、久々に迷惑電話がかかってきた。
前回は050から始まるIP電話で

                                                                                                                                                                                                                                                    

「あなたの口座が振り込め詐欺の振込先に使われています!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

ってかかってきて、「漏れた口座番号教えて」って何度言っても言わないの(笑)
途中で飽きて切ったけど、今回はなんとお初の不動産投資の勧誘電話。
私の収入関係ないサイトから漏れたのかな?

                                                                                                                                                                                                                                                    

0800-123-7471って番号で、日商エステムって名乗ってた。
どうやって私の個人情報知ったのか聞いてみたら元気な大きな声で女の人が

                                                                                                                                                                                                                                                    

「営業データベースの情報から連絡してます!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

だって。
どこから漏れたかは教えてくれないだろううから、どこから漏れたか知らないけど知ったかぶって

                                                                                                                                                                                                                                                    

「ああっ!分かったぁ!気っっ持ち悪ぅーい!!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

って相手に負けない大声で言って切っておいた。

                                                                                                                                                                                                                                                    

自分の職場の正社員宛にも不動産投資の電話はかかってくるけど、不躾な人ばかりでこんな人の話に乗る人なんているのかね?
1万件に1人でも引っかかればいいのかなぁ?
こんなんで商売になるの?不思議すぎ。
職場にかかってきた時に、正社員の人に断ってと言われたので不在だと断ったことがあったけど、そしたら

                                                                                                                                                                                                                                                    

「まぁ別に買ってくれれば誰でもいいんで、お姉さん買いません?」

                                                                                                                                                                                                                                                    

って言われたことある。
態度だけでなく頭も悪すぎる。。
例え単発のアルバイトだとしても仕事は選ばないと変な顔になっちゃうからね。

                                                                                                                                                                                                                                                    

前に延滞金の督促のコールセンターにいたけど、入って来る人たちの顔つきが悪い顔に変わっていく様を見て仕事は本当に選ばないと人生変な方向に行っちゃうなと思った。
私は督促をする担当じゃなかったからまだ良かったけど、辞めて次の職場に行った時に優しい人が多くて

                                                                                                                                                                                                                                                    

「こんなに優しい人たちが存在するはずない。絶対に裏がある。信用しちゃいけない」

                                                                                                                                                                                                                                                    

ってまず思ったから、やっぱり良くない職場にいて心が荒んでいたと思う。
ちなみに今もこの良き会社で働けているので感謝感謝です。

                                                                                                                                                                                                                                                    

性別、不明


職場で尿検査にてピロリ菌の有無が分かるという検査に申し込みをしました。
自宅に容器が送られてきて、尿を入れて返送して結果がまた自宅に届くというものです。
血液検査や呼気検査もあると聞いたことがあるので、ピロリ菌は調べやすいのかしら?

                                                                                                                                                                                                                                                    

スティック状のプラスチックの容器に直接尿をかけると溜るという初の採取容器。
一番最初に自宅に届いて開封した同僚が、この容器使ったことあるけどすごいんだよ!と採取する方法を教えてくれました。
座っているソファが便器のつもりなのでしょうね。
大股開いて尿を取るポーズ。
平気でそんなことをするタイプの女性ではないのに、画期的な容器のすごさを伝えたくて仕方がないらしい。
容器のすごさよりも彼女の様子の方が面白かったけど。

                                                                                                                                                                                                                                                    

しかし実際に容器を自宅で見てみると、なるほどこれはうまくできている。
紙コップに一旦取る必要などないではないか。
これからも尿検査は全てこれにして欲しいと思うほど私は気に入りました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

尿検査の時にいつも悩むのが、夜中にトイレに起きたら何時までが昨日扱いで、何時から翌日扱いになるのだろうということ。
健康診断の時にも同僚と相談するけど、

                                                                                                                                                                                                                                                    

“夜中2時ならまだ昨日、4時なら採取する”

                                                                                                                                                                                                                                                    

夜中3時は微妙だね。
という感じです。
今回のピロリ菌検査は、絶対この日の尿!という訳ではなかったのであまり考えずに眠りました。
目を覚ますと朝6時。
まだ起きるには早い日だったのですが、尿取ってみるか。と思いついたのでトイレに行きました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

でもうっかりメガネを忘れてトイレに行き、寝ぼけてもいるのでよく見えない。
容器に当たっている感触はあるけど入っているかなーと思って結局顔を容器に近づけるハメに。
無事に入っていたので郵送しました。
同僚の1人は、ほとんど入っていなくて洗って乾かして乾いてから紙コップに取ってから入れたとか。
全く画期的な容器を生かしていない(笑)

                                                                                                                                                                                                                                                    

結果が届いてピロリ菌はなくて良かったのですが、なぜか

                                                                                                                                                                                                                                                    

“性別不明”

                                                                                                                                                                                                                                                    

尿検査の結果なの???
記入欄に記入忘れ?
記入欄あったっけ?
他の同僚はまだ結果来ていないというので性別教えて!とお尋ね中です。

                                                                                                                                                                                                                                                    

こんな感じの容器です。同じかな?
尿で分かるのが一番負担が少なくていいですよね。すごい!

                                                                                                                                                                                                                                                    

あなたはいつまで働きたいの?

私は90歳になったとしても、働けるだけ働いて生きて行きたいなぁと思っています。
働かなくても生活できる日が地球にも来るという噂もありますが。
そうなったら生きる張り合いを探して結局じっとはしていないんだろうな。
それならそれでいいんだけど。
                                                                                                                                                                                                                                                    

だから自分が働きたいのに、自分の所有物を寿命前にポンポン捨ててしまったら失礼なんじゃないかと思って、しつこくしつこく使います。
仕事で使っていた蛍光ペンも、色が出なくなったら水道水に先っちょを濡らして水分補給をして復活させて何度も使います。
水性ペンなんだから水で復活すると常に信じています。
                                                                                                                                                                                                                                                    

あまりに繰り返し過ぎてさすがに終了。
                                                                                                                                                                                                                                                    

毛先ボロボロ。
でも大往生だね!
と大満足な気持ちで隣の席の人に見せると
                                                                                                                                                                                                                                                    

「ここまで働かなければいけないなんて、あなたの元に行くと大変ね」
                                                                                                                                                                                                                                                    

骨の髄まで絞り取られた感があった模様^^;
そう言われるとちょっと可愛そうになってくるわね。
お礼を言ってオサラバしました。
                                                                                                                                                                                                                                                    

そして自分に言われている様な気持ちにもなりました。
きっと体力的にも働き続けるのは辛いんだろうなぁ。
だけど自分の力で生きて行かないといけないし。
                                                                                                                                                                                                                                                    

気力と好奇心は自分のおばあちゃんを想うと旺盛でいられるんじゃないかなと期待しちゃうけど。
悲観せずにパワフルばあさんを目指して頑張りますかな。

                                                                                                                                                                                                                                                    
こんな蛍光ペン、手に入れてしまったらますます捨てられない。

                                                                                                                                                                                                                                                    

ひざから下がずぶ濡れじゃないのよ

可愛くて気に入っているジーンズが、元々ももの部分の色が薄くてひざから下が濃い色でした。
それが履いているうちにどんどんももの部分が薄くなっていって(ももがピチピチだからかも)ひざから下が濃い色のままだったので、同じ1本のジーンズに見えないくらいの色の差になっていました。

                                                                                                                                                                                                                                                    
でも頻繁に履いていると色の差に全く気づけていなくて何度も履いていたんです。
そうしたらある日、雨の中会社に出勤をしたら同僚に

                                                                                                                                                                                                                                                    

「大変だったね!ひざから下がずぶ濡れじゃん!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

ええっ??
全然濡れてないんですけど。
何を言ってらっしゃる?

                                                                                                                                                                                                                                                    

「ズボンの色全然違うのに?」

                                                                                                                                                                                                                                                    

本当だ。

こんなに差が出ている。
(影で暗くなっているんじゃないんです。本当にこの色の差)
でもまだまだ履きたいなぁ。

                                                                                                                                                                                                                                                    

自分で染める方法を調べてみたけど、真っ青になってしまうみたいだし難しそう。
そしてお金も意外とかかっちゃいそう。
そう思ってしばらく放置していたのですが、ある時閃いた。

                                                                                                                                                                                                                                                    

“染められないならハゲさせちゃえばいいのでは”

                                                                                                                                                                                                                                                    

ハゲさせる方法を調べると、メラミンスポンジがいいみたい。
試しに端の方をこすってみたら少し色が落ちたので、全体的にこすってみたらメラミンスポンジがあっという間になくなって、しかも大した色落ちではない。
め、面倒くさすぎる。

                                                                                                                                                                                                                                                    

友人にチラッと話してみたら
                                                                                                                                                                                                                                                    

「漂白しちゃえば?」

                                                                                                                                                                                                                                                    

おおー。
試してみるか。
                                                                                                                                                                                                                                                    

いきなり真っ白になったら嫌なので、漂白剤を容器に入れて水で薄めていらない布に染み込ませてジーンズをトントン叩くように染み込ませる。
→何度やっても色が変わらず。
濃度に関わらず、トントンやるために染み込ませた布ばかりが変色する。
だったらもう思い切って

                                                                                                                                                                                                                                                  

キッチン用漂白剤泡スプレーだ!

しばらく置いたらまだらに色落ちしたので、もう少し色を落としたい部分に更に泡。
よくみると変だけど、全体的にバランスが良くなったのでは?

                                                                                                                                                                                                                                                  

黙って会社に履いていけばいいものの、漂泊して干している状態の時に

                                                                                                                                                                                                                                                    

「今ジーンズを漂泊してるんだー」

                                                                                                                                                                                                                                                    

とうっかりバラず(いつものこと)
シレっと履いて行って、誰にも何も言われなければ完璧なのに。
バラしてしまった人2人が出勤していない日に履いて行こうかな。
でも履いて行った日にいる人に結局ばらしてしまうんだろうな。

                                                                                                                                                                                                                                                    

漂白スプレーで色をハゲさせるの成功した!
※使用は自己責任で。

                                                                                                                                                                                                                                                    

エアーポットを落とした

仕事中に電話がかかってきて

                                                                                                                                                                                                                                                    

「もしかしたらそちらの会社付近でエアポットを落としたかもしれないのですが・・」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と若い女性の声で電話がありました。
なので内容が分かりそうな人に転送をしようと内線番号をかけて

                                                                                                                                                                                                                                                    

「エアポットをこの付近で落としたかもしれないとおっしゃっている方からお電話なのですが」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と電話を繋ぎ替えました。
すると近くの席の若い社員の子が

                                                                                                                                                                                                                                                    

「エアポッツじゃないですかね?ワイヤレスのイヤホンのことです」

                                                                                                                                                                                                                                                    
とご丁寧に内容まで教えてくれました。
                                                                                                                                                                                                                                                    

「私が愛用している保温ポットで空気の力でお湯が出てくるエアーポットを落としたかもしんないじゃん!」

                                                                                                                                                                                                                                                   

 と駄々をこねてみましたが

                                                                                                                                                                                                                                                    
「ないない!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と軽くあしらわれてしまいました。
なんとなく電車で見たことがあるけど、名称なんて知らないやい。

                                                                                                                                                                                                                                                    


こんな形の私だったら確実に落とすね。
こんなの買ったら不安で紐で繋ぎたくなるわ。
せっかくのワイヤレスが台無しよ。

                                                                                                                                                                                                                                                    


そういえば昔、MDウォークマンを聴きながら会社に行って、会社で外したら耳の聞こえる部分が外れて耳の中に残ってしまいました。
こんな形の昔ながらのイヤホン。
耳の中に残っていることに気が付かず、なんとなく耳の中がこもる。
聞こえづらい。
隣の席の人に

                                                                                                                                                                                                                                                    

「なんか分らないけど、今日は耳が聞こえづらい。体調悪いのかもしれない。」

                                                                                                                                                                                                                                                    
と言って周りに心配されました。

                                                                                                                                                                                                                                                    
「片方の耳だけ聞こえづらいのも意味不明」

                                                                                                                                                                                                                                                    
と言って耳の中を触ると外れたイヤホンが・・・。
こんなことってあるの!?とビックリ。
でも落とさないで耳の中で保管していて素敵でしょ。
なんて言っている場合ではなく、同僚たちに謝りましたわよ。

                                                                                                                                                                                                                                                    
「ごめん体調バッチリだわ」

                                                                                                                                                                                                                                                    
エアポッツも耳の中に入ったままで気づかず体調不良と思うことがあるかもしれないので、どうぞお気をつけ下さいませ。

                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                    

今年出会った人と結婚する

何気なくネットサーフィンをしていたら、占い師がコメントしているページにつながって、私のタイプは今年出会った人と結婚するんですって!
・・・もう9月ですがな。
新しい出会いどころか、コロナで友人にすら満足に会えずひとりで出かけるのも億劫になってるっつーのに出会いなんてあるもんかい。

                                                                                                                                                                                                                                                    

不要不急の外出を控えているというのに、出歩いた方がいいんかい。
つまんないこと言うないやい!とふてくされていると

                                                                                                                                                                                                                                                    

「まだ4ヶ月あるからこれからかもよ!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

とみんなが言う。
面白がってるだけじゃないか。
面白がればいいさ。
娯楽も少ない世の中だ。

                                                                                                                                                                                                                                                    

しかし、まだ出会っていないと思うのは間違いやもしれぬ。
もしかしたらすでに出会っている可能性もあるではないか。
思い返せば・・・

                                                                                                                                                                                                                                                    

3月に軽い食中毒になって、血便が出たからてっきり痔になってしまったのかと思って胃腸科肛門科に行って私の肛門に指を突っ込んだあのおじいさん先生。。
病院に行った数日後に

                                                                                                                                                                                                                                                    

「よぉ!元気?やっぱり食中毒みたいだからもう少し薬飲んだ方がいいからまた来てくれる?」

                                                                                                                                                                                                                                                    

やだぁ。
誘われてたわ。私ったら。
でもその後元気になってしまったからご縁ないけどね。
どうしてくれんのよ。
あのじいさん先生しか今年の出会いないですけど。

                                                                                                                                                                                                                                                    

出会って結婚したら大々的に大騒ぎしようと思います。
この占い師さんは、年末年始に大変なことが起きると言っているので、私が結婚できなければ同時に何も起きないと思おう。

                                                                                                                                                                                                                                                    

ま、マジっすか。。

                                                                                                                                                                                                                                                    

生かされるってなんだろう

よく“生かされている”という言葉を聞くけれど、今のところ全く意味が分かりません。
死にたい願望は全くなく元気に日々を生きておりますが、生きているのは地球に迷惑をかけていると思っています。
特になんの役割もないのに食べ物を毎日食べて、排泄して、ただ地球を汚しているだけの存在。
貧乏くさいと人から言われるのは、こういう心理が根底にあるからなのかな?
でもみんなはそう思わないから私を貧乏くさいと思うのかしら?

                                                                                                                                                                                                                                                    

でも日本では貧乏くさい私でも、地球規模ではとんでもない贅沢者だと思うし、何だかんだ考えても思っても生きていくしかないと思うのですが。
あまり生きることを考えると、生きることの延長線上には死ぬことがあるので深く考えすぎないことも大事ね。

                                                                                                                                                                                                                                                    

九死に一生を得るという言葉があるけど、こういったことから生還するのを生かされてる?っていうの?
ただ生きているだけでも生かされてる?
分からないけど、生きていることが奇跡なんだろうと年齢を重ねるごとに思うようにはなってきました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

病院に行って他の大きな病気が見つかるとか、ずっと症状がなくて見つかった時には手遅れとか決まっているのかもしれない。
誰に出会うかによっても自分の幸福不幸が変わってくるし、本当に不思議。

                                                                                                                                                                                                                                                    

かなり昔、自宅のインターフォンに丸い小さなシールが貼ってありました。
なにこれ?と思って剥がしたけど、剥がして何かあったら嫌だなぁと思って隣の家のインターフォンを見に行ったら同じく貼ってありました。
勝手に剥がして反対の隣の家には行かず貼ってあるかも分からない状態。
そのことをすっかり忘れて数年後、テレビで

                                                                                                                                                                                                                                                    

「空き巣が事前に下見をして印を付けていくことがある。シールを張ったり書き込みをしたり・・」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と今では有名になりすぎて空き巣が使えなくなった手といってもいい情報がこの頃は驚きの話でした。
怖いなぁなんて思っていたけど、そういえば数年前に自宅のインターフォンのシール剥がしたな。
シールを貼ってあるか確認しなかった隣の家に空き巣が入ったっけ。。。
と急に思い出して恐怖に震えました。
空き巣が入ったお隣は男性のひとり暮らしだったのですが、ご近所の噂から女性関係のトラブルなんじゃないの?って勝手に思っていたので、本当に空き巣だったのかしら?なんて当時は軽く考えていました。
シールを剥がしていなければ、ウチに入っていたかもしれないと何年も経ってから震え上がりました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

しかも私も留守の時の出来事だったので、警察が来たのも知らないし、近所のおばさんに
「隣に空き巣が入ったらしいけどおたく大丈夫ー?」
って言われて、何を言っていいか分からず「特に何も・・」と答えてそれっきりでした。
お隣さんもそのまま住んでたし。

                                                                                                                                                                                                                                                    

私の家族も何も起きないのが一番ですが、父が子供の頃トラックにひかれたと思ったら下にすっぽり入り込んで無事だったとか、おばあちゃんから

                                                                                                                                                                                                                                                    

「昔お父さんが子供の頃、ストーブの空焚きで一酸化炭素中毒になりかけて、這いつくばって窓を開けて助かったことがあるのよ。家族全滅するところだったわ」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と聞いたこともあります。
父は一酸化炭素中毒やトラックの下敷きになった他にも腸閉塞になって、家にいたらきっと寝れば治ると思って寝てしまったと思うけど、外出先だったので仕事仲間が救急車を呼んでくれて危ないところだったと病院で言われました。
家にいたら救急車を呼ぶなんて考えず、寝ていれば治るだろうと思ってしまっていたと思うので死んでしまっていたのだと思います。
死ぬほどの思いを何度もしているのも可愛そうだと思うので、運がいいのか悪いのか。。

                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                    
空き巣に続いて私は命と関係ないことばかりかもしれませんが、高校生になったばかりの頃に変な電話がかかってきました。
違う高校の2年生と言っていたかな?

                                                                                                                                                                                                                                                    

「仲間内で女子を襲おうって話になっていて、適当に名簿で君を選んだ。様子見で電話かけてみろと言われて・・」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と下っ端だと名乗る男子生徒。
しかも内容バラしちゃダメじゃん?
しかも私が好みとか可愛いとかじゃないのも腑に落ちないし。
とりあえず内容は気に入らないけど、イマイチ話の内容にもピンと来ず、

                                                                                                                                                                                                                                                    

「あなたも嫌な役割を押し付けられて大変ね」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と言ったら相手は驚いて

                                                                                                                                                                                                                                                    

「この状況でどうしてそんなことが言えるの?!絶対阻止するから任せて!君の学校の3年生で頼りになる先輩がいるから守ってもらえるように頼んでおくよ!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と言われました。
何この内容?
いたずら電話?
自作自演??
1時間位話したので、本当の内容を聞くまで時間はかかっていた気がするけど、全体的にさっぱり意味が分からなかった。
でも助けてくれるって言うし、せっかくだから「ありがとう」と言って電話を切りました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

数日後に学校から帰ると家族から

                                                                                                                                                                                                                                                    

「○○さんっていう男の人から電話があったよ」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と。
あの時言ってたウチの学校の人?
でも本当に存在するか分からないし折り返してとも言われていないし、その後電話もありませんでした。
それから特に何事もなく無事に学校生活を送れたのですが、ある時一緒にいた友人が学校で

                                                                                                                                                                                                                                                    

「あ、△部の○○先輩だ!部長で人気なんだよ!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と言われて慌てて姿を見ました。
だって、あの時私を助けてくれるようにお願いしたという人と同じ名字なんですもの。
学年も一致しているし。
そこにはガタイのいい優しそうな笑顔の男の人がいました。
みんなに本当に慕われていそうな、人のために力を尽くしそうな。

                                                                                                                                                                                                                                                    

一瞬でも私の力になってくれようとしてくれた人がこの人か。
私の姿を見に来たのかは全く知らないけど、繋がらない不思議なご縁でした。

                                                                                                                                                                                                                                                    

私達は色々なことを運良く回避したり、できなかったり、自分の判断ミスで動くべき時に動かず留まってしまったり、色々な偶然が重なって今ここにいるんだなぁと思います。
ただ単に、右に曲がる道をたまたま左に曲がった日があっただけで、今とは全く違う人生になっていたのかもしれないし。

                                                                                                                                                                                                                                                    

悔やまず生きる人生なんてまずない。
全てを受け止めて真摯に向き合って逃げないことが大切だと若い頃は思っていたけど、今は逃げることも大切だと思っています。
ただ、逃げる方向を間違えてはいけない。

                                                                                                                                                                                                                                                    

みんな必死で生きているんだし、私のことなんかで相談するのは申し訳ないと誰にも相談せずに生きてきたけど、ある時友人が

                                                                                                                                                                                                                                                    

「私がひとりぽっちで悩んでいるのを隠していたらあなた怒るでしょ?!相談してくれなかったことを私は怒ってるよ!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と言ってくれました。
悩んで隠さなければ得られない貴重な経験。
後悔はするけど、間違えた選択をしなければ得られなかった経験も多数あります。
逃げる道さえ間違えなければまた新しい道に行けるから、迷いながら悩みながら人を支えたり支えてもらったりしながら生きていっていいのかな?と考え過ぎずにやっていこう。

                                                                                                                                                                                                                                                    

コロナの影響もあるし、しばらく孤独を感じることも多い日々が続くと思うけど、大事なのは

                                                                                                                                                                                                                                                    

“力むことなかれ” 

                                                                                                                                                                                                                                                    

なかなか気持ちが安定しない中、大ファンのすゑひろがりず南條さんがおっしゃった言葉で救われました。
自分に合った救いと運良く出会えるのもありがたい。
結構こうやって辛い時や考えすぎている時に救いが目の前にくるというありがたい人生を送っております。
ご先祖様がヤレヤレ世話が焼けると、気にかけてくれているのかな?
文章にすることによって気持ちも整理できるし、迷ったら文章にしたり人に話すと自分の気持に気づいたり整理できたりするので良いかもしれない。

                                                                                                                                                                                                                                                    

ガラスのティーポットのふたが壊れた

この写真のダイソーで550円のガラスのティーポットをやっと2020年の6月に買いました。
コロナで輸入がなかなかできなかったのか、2ヶ月位お店に見に通いました。
やっと手に入れたのにもうふたを割りました。
まだ3ヶ月経っていないくらいだと思います。

                                                                                                                                                                                                                                                    

買ってすぐに嬉しくてブログにあげていたのに。
飛び散ったガラスを台所中探しました。
結構細かい破片もあって、猛暑の中大変でした。

                                                                                                                                                                                                                                                    

でも割れたのはふただけで、本体は無事。
以前使っていてあまり気に入っていなかった急須のふたを当てはめてみるとあらぴったり。

今までよりもしっかりハマって長持ちしそう。
見た目が洋風ではなくなってしまいましたが・・。
まだ誰も来客がないうちに割れてしまったのは無念です。

                                                                                                                                                                                                                                                    

ガラスのティーポットを洗って、茶こしをあらって、ふたを洗って、洗いかごに入れっぱなしだとほかの食器とぶつかって割れるかもしれないと思い、乾きやすいようにふたをずらして置いておいたので、取り出した時に落としてしまいました。
遅かれ早かれ、そんな状態で保管していたら近々割っていたと思って諦めよう。
急須のふたがぴったりハマって便利ですが、急須の本体の扱いに困っています。
使う予定はないけど捨てる勇気もない。
すぐ何かに使えそうと思ってしまうので、何かに使えないか考えてみます。

                                                                                                                                                                                                                                                    

ふたが割れないタイプで茶こしまで付いていたら割らずに済んだのになぁと思います。
すぐに壊れて買い換えるより経済的だと思うので、次はこういうティーポットが欲しいなと思います。

                                                                                                                                                                                                                                                    

エビフライのしっぽを食べるか否か


テレビでエビフライの尻尾を食べる?食べない?と放送していました。
僅かな栄養もあるけど「どうぞお好きに」と締めくくられててなんじゃこりゃ?と思いました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

個人的にエビフライのしっぽは食べずに残すものだとずっと思っていたのですが、10年以上前に会社でエビフライが入っているお弁当を買って食べていました。
しっぽを残して容器に残して片付けようと思っていたら、20歳くらい年上の先輩が

                                                                                                                                                                                                                                                    

「あら、しっぽ食べないの?もったいない。頂くわね〜」

                                                                                                                                                                                                                                                    

とパクっと食べてしまいました。
人が食べると思って食べた食べ方じゃなかったのにいいの??と驚いていると、同僚が

                                                                                                                                                                                                                                                    

「あの人エビフライのしっぽ大好きだから残しておくと食べられちゃうよ」

                                                                                                                                                                                                                                                    

み、みんな食べられてるのかーー^^;
食べたくて食べてるとは思うけど、なんとなく申し訳ない気持ちになって、奪われない為にしっぽを食べるようになりました。
食べてみるとパリパリしてなかなかウマい。
エビフライ好きだけど自分では作れないし、ファミレスに行っても大抵ハンバーグの付き人的な感じのセットだしそうそう食べる機会がないけど、それ以来しっぽは食べています。

                                                                                                                                                                                                                                                    

その後、例の先輩の前でエビフライを食べる機会が1〜2回あった気がしますが、狙っているのを感じたので一気にしっぽまで食べました(笑)

                                                                                                                                                                                                                                                    

「あら、しっぽまで食べちゃう人?」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と言われたので、

                                                                                                                                                                                                                                                    

「食べていい物と知らなかったので、教えてくれてありがとうございます!美味しいです」

                                                                                                                                                                                                                                                    

としっぽはあげません宣言をして完結!・・・と思いきや、

                                                                                                                                                                                                                                                    

「○○ちゃんがしっぽ残してるから、良かったらお譲りするわ」

                                                                                                                                                                                                                                                    

いやいやいやいや。
そういうことではないので、人のしっぽはどーぞです。
もうだいぶ前に定年を迎えて退職されましたが、今でも笑い話として登場する楽しいオバサマでした。