戦隊モノ、正義の味方、正義は勝つ」タグアーカイブ

正義の味方


最近ふと思います。
正義っておとぎ話なのかと。
正義の味方が映画やドラマ、アニメになるのは夢物語だからなのかもしれないと。
正義が勝つ!も叶えばいいなと思う願望なのかもと。
本当に強いのは正義なのでしょうか?
正義は最後に勝てるのでしょうか。


残念ながら亡くなった三浦春馬さんは人想いで人の幸せが自分の幸せ、とても優しくて正義感溢れる好青年だったらしいですね。
私はフィギュアスケートが大好きで、すゑひろがりずファンで、俳優さんのファンは特別名前を挙げたことが今までなかったのですが、この俳優さんが出演するなら観る!と思う俳優さんが何人かいて、三浦春馬さんはその中の1人、特にお芝居を観たい俳優さんでした。
誰にも言っていないけど、毎日想わない日はないです。
悲しいだけなのも失礼な気がして、尊敬の念を込めて毎日感謝の言葉か褒める言葉を想って届けばいいなと思っています。
こうやって、亡くなった身内や友人、好きな有名人など心で想う人が増えて行く。
長く生きていくってこういうことなのかなと最近思います。


以前行けなくなった人から地球ゴージャスのチケットを買い取って観に行ったらとても面白くて、毎回見たいと思っていたら


「まず手に入らないよ。過去には三浦春馬も出ていたよね」


「えーっ!今回の人より(←失礼!)三浦春馬が観たーい!!」


と叫んだ記憶があります。
春馬さんが素晴らしい俳優さんと知ってはいるけど、当たり前すぎて声に出さなかった人も本当に多かったでしょうね。
これから何十年も一緒の世界で暮らしていけると思っていましたもの。


正義の味方といえば戦隊物。
子供の頃後楽園遊園地にヒーローショーを観に行ったことがあるらしいです。
記憶にないのがもったいない。
テレビでも毎週観ていたから好きだったのでしょう。


だけど今になって思えば、毎週毎週自分を倒す敵が現れるってあまりにストレスが大きいはず。
怖いし恐ろしいし、いつ襲ってくるか分らないし、ビクビクしながら警戒しながら生きていても仕方がない。
なのに戦隊物の中の人たちは結構のんきに暮らしてる(人には見えない様に平静を装っているのかな・・・)
怯えている姿を見てもドラマとして成り立たないでしょうけど。
目に見えるものだけを信じてはいけないということでしょうね。

正義って本当に難しい。
どこからどうみてもこっちが正義なのに、向こう側の目線で見るとあちら側にはあちら側の言い分と正義があったりする。
正しいの基準がどこからやってきたのか混乱しそうになる。
それでもこれが正義だと教育を受けたことが私たちの正義なのだろうから、その考えで生きるしかない。
きっと世界中がそれぞれの正義感を持っていて、お互い様だからぶつかることもあるのでしょう。
間違っていると分かっていても、踏み入れた世界から出られずその世界で生きていくしかない場合もあるのだろう。

私の中の正義なんて、歩きたばこが許せなくて、抗議の意味を込めて走って追い抜くくらい。
やり方が性格悪い^^;
いきなり走り出して、近くを歩いていた女の子がビクッと振り向いて怖がらせてしまったのは申し訳ない限り。


これからも悲しい悔しいやるせない思いをたくさんすると思うけど、正義は勝つと信じて、希望は捨てずに間違えないで生きて行こう。
以前聞いた話で、アリの集団の中に3割サボるグループができるそう。
その3割のアリを集団から外してみると、残った中から新たに3割サボるグループができるんですって。
だから正義が気に入らないという人たちが、正義を倒したつもりでいても新たな正義が現れる。
正義は消えてなくなることはないはず。


自分が正義側にいそうな発言をしているが、最近更年期なのかイライラしがち。
まぁ、私は噂話はするし、チクり魔だし、ぎゃーぎゃー喋ってばかりだし、文句も言うしイライラもするから私が死んで人間性を絶賛されることはないわね。
何言われるか分らないから、言われないためにしぶとく生きそう。
決して言われたくないから噂話等やめるという話ではないのでした。
ずぶとい。



今の戦隊モノがキラメイジャーなのはあたい知ってる。
悪に立ち向かってくれー!