私の生き様、私の信念、買い主の責任、もったいないおばけ」タグアーカイブ

タオルの漂白失敗

フェイスタオルっていつも同じところで手を拭いてしまうので、同じ箇所ばかりが黒ずんでカビて汚れますよね。
職場の人に

                                                                                                                                                                                                                                                    

「漂白すればキレイになるよ」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と教わって、試しにカビてしまってタオルを漂白してみたらカビだけ取れてとってもキレイになりました。
これは良い!と気分を良くして更にカビや黒ずみがあるタオルを3枚漂白することにしました(何枚薄汚れたタオル持ってんのよ(-_-;))

                                                                                                                                                                                                                                                    

しかしこんな結果に。
タオル3枚分と思って漂白剤を入れすぎたみたい。
漂白剤無駄にした。もったいない。

                                                                                                                                                                                                                                                    

しかも手を拭く部分ではなく、タオルハンガーにかかる一番使わないキレイな部分が真っ白。
どうしてこんな染まり方?
もちろんこのまま使い続けております。
次の漂白したいタオルが出現するまでこのタオルはこのまま。

                                                                                                                                                                                                                                                    

もったいないおばけ?貧乏くさい?
ええ、それは私の生き様よ。

                                                                                                                                                                                                                                                    

最近友人が使っていると勧めてくれたのはオキシクリーン。
洗濯だけじゃなくて、台所やお風呂場でも使えるすぐれもだそうだ。

                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                    

クイックルワイパーあるある


今更ですが、使用前のクイックルワイパーや床の乾拭きシートの使わない面を使っている人多いですよね。
例に漏れず私もです。

床に接しない、本体に挟み込む面がいつもキレイでもったいないなぁとずっと思っていて、散々床を掃除した後にキレイな面で掃除をしていました。
それから何年も経ったある日、テレビを見ていると私と同じ考えの方が本体に装着前に掃除に使用していて、使ってから本体に装着して掃除をしていました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

そっちか!
私はいいアイディアが我ながら浮かぶなと思いつつ、どこかツメの甘さが出る惜しい奴なの。
またちょっと間違えたけど、それ以来次に使うシートを棚に置いてマメに拭いています。
片面がキレイならお風呂上がりでも掃除用具に触る気が起きるので、部屋の清潔さが以前よりキープされている気がして嬉しい。

                                                                                                                                                                                                                                                    

「そういう生活していたらお金貯まりそうだね」

                                                                                                                                                                                                                                                    

などど言う人が一定数いてうんざりなのですが、なんでみんな物を大切に実力以上のものを発揮させてあげようとしないんだろう??と思うだけです。
もったいないことが嫌いなもったいないオバケのワタシです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

死んだらもったいないオバケになるのか、もったいないオバケが人間に生まれ変わったのか分かりませんが、意外と身近に仲間がいないのが残念です。

                                                                                                                                                                                                                                                    

もっと祖父母に知恵袋な話を聞いておけば良かったと思いました。
ひいおばあちゃんもいたし聞く人はたくさんいたのになぁ。
                                                                                                                                                                                                                                                    

ジモティーあれこれ 体重計編


↑この体重計(クリックすると楽天市場に飛びます)を買ったんです。
専用のアプリを入れると体脂肪率や筋肉量、水分量や体内のタンパク質の量まで測れるので楽しく使っていました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

充電式の体重計で、2回位充電したらその後充電ができなくなってしまいました。
USBの充電なのですが、電源に差せばその時は測れます。
でも毎回やってられない。
買って数ヶ月しか経っていないのに、、。
保証は1ヶ月と書いてあったので、ダメ元でショップに問い合わせて使用状況などを話したら初期不良とのことで新品を送ってくれました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

ダメになってしまった体重計を送り返そうと梱包をして準備をしていたのですが、返送不要とのことで捨てるのも勿体ないし2つもいらないし、体重計欲しい人も周りにいないし。。とのことでジモティーに出したらすぐに引き取り手が見つかりました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

きちんと状況をお話して、すぐにダメになる可能性があることも伝えて無料でお譲りしました。
足の裏が乾きすぎるとアプリとの反応が悪いかもしれないのでお風呂上がりが最適ですと帰宅後メールをすると、先方の方から

                                                                                                                                                                                                                                                    

「お掃除もされていて新品同様に見えますし、アプリにも連動して体重も測れて感動しました!」

                                                                                                                                                                                                                                                    

とお返事をくれました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

PR


                                                                                                                                                                                                                                                    

知らない人に会うリスクもあるし、1円の得にもならないのによくやるよと周りの人には言われますが、私の手元に来たおかげでこの壊れた体重計はゴミにならずに第二の人生をあゆんでいるし、引き取ってくれた方には“感動しました!”なんて言ってくれるし心が満足。
私の大好きなナチュラルキラー細胞が山ほど増産されたと思うので、ものすごい大きな利益ですよ。
利益目当てではなくて私が“もったいないおばけ”なだけなのですが、結果的にとっても素敵なことになっているこういう状況が大好き。

                                                                                                                                                                                                                                                    

今回のジモティーは特に大満足!
また出品してしまうのだろうなと思いました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

ローランド様の俺か俺以外か

カリスマホストのローランドさんの書籍「俺か俺以外か」を図書館で借りて読みました。
収益は寄付になるとのことで購入するか悩んだのですが、家が狭いので申し訳ないですが借りました。
その分という訳ではありませんが、台風被害の方にわずかながら寄付させてもらいました。
この本がなくてもすべきですが。

                                                                                                                                                                                                                                                    

普段本を読まない人でも読みやすくて、ローランドさんの魅力がより良く分かる、子供たちにも読んで欲しい学級図書にも良いと思える本です。
良いと思える本はすぐに学級図書にして子供に読んでほしいなぁと思ってしまいますが、ローランドさんの本の良い所は生きてきて色々悔しい思いや辛い思い、このままじゃ自分の人生終われない!と思っている人の方が向いているのかも。
やっぱり大人になってから読んだ方がいいのかな。

                                                                                                                                                                                                                                                    

内容の良さだけでなく、可愛らしくて愛情に満ち溢れたローランドさんのことも分かるし、私自身も自分の生き方を見つめられてスッキリしました。
自分のことが大好きなローランドさん。
読んでみて私も自分のことが大好きだと気づきました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

普段から貧乏臭いと言われる私ですが、物を無駄にする自分が嫌いなので人に何を言われても自分が好きな自分でいたいので無駄にはできずに貫いているのだと明確に自覚することができました。
ローランドさんに比べて生き様はショボいですが、私には私の信念があるのです。
自信を持ってやっていこうと思えます。

                                                                                                                                                                                                                                                    

ペットだけでなく、私の手元に来た物には責任を持つのが当然で、壊れたものでも直せる人がいるのでジモティーで無料で引き取ってもらったりしているのですが、

                                                                                                                                                                                                                                                    

「そんなことするの面倒だから私だったら捨てる」

                                                                                                                                                                                                                                                    

と言う人が多くて嘆かわしい。。
ジモティーのことはまた別に書きますが、とにかく勿体ないことが嫌いで前世がもったいないオバケなのか死んだらもったいないオバケになるのかどっちかだろうと思っています。
【買い主の責任】
と思ってこれからも生きていきます。

                                                                                                                                                                                                                                                    

でも世界レベルで見たら私なんてまだまだ贅沢な人間であることも分かっているので、中途半端な人間という自覚が少し自分を苦しめてもいます。

                                                                                                                                                                                                                                                    

あ、ローランドさんの本はこんな私のミクロレベルの話ではないのです。
どうしてカンボジアを選んでボランティアで支援しているかも知らなかったので理由も分かったし、ご家族の愛情に恵まれていただけでなく、きちんと人の話に耳を傾けて生きてきたから(受け止めるも受け止めないも含めて)今の彼がいるのだと思いました。

                                                                                                                                                                                                                                                    

世の中を動かせる、人の考えを良い方向に導ける素晴らしい人物。
世の中が変わった変わったと言われていますが、素晴らしい人間はどんどん誕生しているのだと感謝の気持が沸きます。
この世に生まれてきてくれてありがとうと思える人物です。
その時はナゼかおばあちゃんの様な気持ちです。

                                                                                                                                                                                                                                                    

とにかく内容を私が伝えられる様な本ではなく、生き方に迷った時に何度読み返しても良い本だと思います。
心が辛い時にも良いです。
辛い時にテンション高くて元気いっぱいの本は読めませんが、落ち着いていて且つお茶目で読みやすいローランドさんの本なので、次は何読もうかなと軽く読む本を探している人にももちろんオススメです。